探偵!ナイトスクープ。

今は東京でも放送してるのかな?元々は関西ローカルだけど。
僕は桂小枝の「爆笑、小ネタ集」「パラダイス・シリーズ」が好きなんだけど。
特に「爆発たまご」のVは何度見ても腹を抱えて笑ってしまう。
あと好きなのは「城山オレンジ園」の山のオヤジの回。

でも今一番好きだと言えるのはやっぱりコレかな。
「ヤクルト飯田コーチにそっくりなお父さんと・・・」のエピソード。
先週の再放送企画であらためて深く感動した。前回と同じように、いやそれ以上に泣けた。

依頼者の少年が10歳の時に亡くなったお父さんがYスワローズの飯田二軍コーチにそっくりで
それはもう写真を並べて見るまでもなく、飯田コーチ本人でさえ「コレ僕ですよね!」と言うほど。
(放送ではモザイクは入っていませんでした)
a0095546_1172410.jpg

依頼内容はお父さんの代わりに自分と腕相撲をして欲しい。
当時4歳だった弟とキャッチボール、肩車をしてあげて欲しい。
そしてお母さんからは息子(依頼者)の進路について相談に乗って欲しいというもの。

当事のお父さんの普段着を飯田コーチに着てもらって登場したとたんにあまりにもそっくり!
感極まって涙する依頼者の少年、弟もまた亡き父の面影に触れて涙する。
最後は家族一人一人を抱きしめて「お父さんとして」声をかける飯田氏。
お母さんも名前を呼び捨てされて抱きしめられて、息子達の前で必死に涙を笑いに変えて。
a0095546_123088.jpg

照れながらも依頼内容をひとつづつ消化する飯田コーチの目にもまた涙。
ここまでそっくりなお父さんが生前は高校野球部の監督だったとは何と言う偶然。
a0095546_1231275.jpg

ビデオが終って画面が西田(局長)に戻ればそこでまた号泣する顔のアップ。
局長だけではなく他の出演者達全員が感動に包まれていた。
a0095546_1241725.jpg

いやぁ、皆がみんな素晴らしい。
この依頼を完遂した松村邦洋もわざとらしさがなくとても良い距離感で好感が持てた。
普段のおふざけやチャカした部分が見られないのは編集のせいではあるまい、
プロ野球の大ファンである彼の、飯田(元)選手への長い現役時代への尊敬と
亡き父を想う家族の純粋な依頼内容をふざけて台無しにしてはいけないという優しさ。
この回では松ちゃんがひと言もギャグを発していないのが逆に嬉しかった。
a0095546_1294366.jpg

世の中にはこんなにそっくりな人がいて、それがまた同じ野球を愛する人で。
テレビというメディアをこんなに気持ちよく「活用」してくれたこの番組に感謝。
a0095546_1313577.jpg

所々に笑いを誘うテロップをはさみながらそれがまったくこの感動を薄れさせるものではなく
笑った顔のそのままで涙を流させる絶妙の編集が素晴らしい。
「探偵!ナイト・スクープ」、僕の一番好きな依頼はこの「飯田コーチそっくりな父さん」だな。
これは当分覆る事はあるまい。僕の中では殿堂入りだな。

「びーち」、お前も一緒に見ていて感動が伝わったかな?
a0095546_136141.jpg

僕も、もし僕が誰かの大切な人と瓜二つのそっくりさんだったとしたら・・・。
そしてその人が残念ながらもう二度と会えない遠い人だったとしたら。
その人の替わりにぎゅっと抱きしめてあげてもいいんだけど。
a0095546_13827.jpg

ま、そんな依頼は来ないかなやっぱり。
とりあえず「びーち」をぎゅーっとしてみた。

きっとあの家族にはこうなるべくしてなった、強い「縁」が、飯田コーチと結ばれていたんだね。
家族みんなのことを心配していたお父さんが、自分の替わりに励ましてくれと。
早く自立して強く強く、この先を生きて行くようにと。

そしてこの番組を見た人の心にも。
家族を失った悲しみに負ける事無く、楽しかった思い出の分だけ元気に生きていけるように。
うさぎもニンゲンも、みんなみんな。
失くしてしまったものとそっくりな何かで、すき間を埋めようとする事があったっていいじゃない。
それがニセモノと気付いて役目を終えるのか、ホンモノに成り代わっていくのかは
ひとりひとりが決めていけばいい事なんだし。
どちらも間違いではないと思うし。

クリックありがとう!人気ブログランキングへクリックありがとう!FC2ブログランキングへクリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
[PR]

by beach_bunny | 2009-08-04 01:08 | ちょっとスピリチュアル  

<< ドッテンゴロンが嬉しい。 豪雨 のち 快晴。 >>