プラモ屋さん、店じまい。

今日は大阪・鶴見緑地プールへ。
数日前から楽しみにしていてくれたと言うキラキラ君と思う存分遊んできた。
ココは水着のまま食事も出来るので楽チン。彼は牛丼をチョイス、美味しそうに食べて。
a0095546_23584761.jpg

僕は醤油ラーメン。スーパーで買って来たおにぎりと一緒に。
a0095546_23594350.jpg

今まで夏休みしかご利用が無かった彼だけど、僕とのプール遊びが気に入っていただけて
「夏休みが終わっても日曜日とかお願いしたい」とはお母さんの弁。
その時のヘルパーは是非僕にと、お世辞半分としてもありがたい事です。


その仕事の帰りに一軒の模型屋さんに立ち寄った。
表に淋しい張り紙、実は今月の初め頃にバスの窓から見かけて気になっていた。
8月31日で閉店・・・あしたで無くなってしまうのだと言う。
a0095546_1115986.jpg

穏やかで品の良さそうなお店のご主人と話をしながら店内を物色。
売れ残りでスカスカになった棚から2点、よりにもよって超レトロなプラモを買った。
a0095546_0104392.jpg

そして大巨獣ガッパ、ゼンマイモーターで歩く、ってか走る。
a0095546_011536.jpg

昔はこんなの50円とか100円だったね。コレは復刻版で800円のところを半額処分。
中身はこんな感じ、ガッパというより「怒った鳥さん」だね。
でも小学生の時に作ったような気がする。今回は作らずに置いておこう。
a0095546_0141691.jpg

ただいま「びーち」。おぉぉぉ、よく寝てるな。生きてるよな?
a0095546_015157.jpg

今日もトイレには「びっぐべん」が山盛り。さぁ遊ぼうか。
a0095546_017378.jpg

今日、お店を閉めようとしている模型屋のおじさんと話してきたよ。
僕がダイビングショップを占めた時の事を思い出しちゃった。
僕の時は閉店を考えている事を打ち明けたら「じゃあ他に良い店教えてください」って。
おまけに他のお客さんにも「その店に一緒に行こうよ!」なんて僕の目の前で笑ってた。
最後はそのお客さんから面と向かって「あームカつく!」と言われて・・・
その日のダイビングが終わった後にお別れをした。僕ももう色々と限界だったし。
閉店前のいろんなストレスや辛さ、哀しさがギリギリ一本の糸のような精神状態で
次々と浴びせられるキツい言葉に耐えられるだけの強靭さを僕は持っていなかった。
a0095546_0262087.jpg

あるいは毎回家の前までわざわざお迎えに行ってたお客さんからは
「何じゃそれ!キレたろか!」って凄まれたっけ。
春になったら親子でサイパンツアーに参加したいって何度も言っていたのに
実際にその頃になったら自分たちで行くから現地のショップだけ紹介してくれって。
寒い時期の海外ダイビングツアーは砂漠のオアシスみたいなものだったからね。
心底ガッカリした。キレたいのはこっちの方だった。
そう言えば先日意も近所の(元)お客さんの乗ったクルマと久しぶりにすれ違ったな。
2件目のガイドヘルパー仕事に行く前に既にクタクタで汗まみれで腹ペコで・・・。
スーパーの前に停めたバイクに跨ったままカレーパンを食べていた僕に気付き
家族みんなで車の中から僕を指差して大笑いしながら過ぎ去っていったっけ。
その笑い顔が目に焼きついて悔しくて。奥歯が砕け散りそうなほど食いしばった。

今日のプラモ屋さんには子供の頃からの近所の常連さんとか遊びに来てたな。
もういいオトナなのにプラモ屋のおじさんは懐かしそうに笑ってた。
やっぱり僕にはそういう人徳は無かったな・・・なんて妙に落ち込んだ。
a0095546_03101.jpg

僕はやっぱりサービス業、接客業には向いてなかったな。しみじみ。
お客さんに変に期待しちゃってダメだ。お客さんはあくまでお客さんでしかないのに。
水が怖くて海が怖くて、講習に手間取って苦労してダイバーになった人が
そう簡単に僕に対して「嫌なこと」をするわけが無いと勝手に思い込んでた。

僕が落ち込んでいるからと言ってお客さんが優しく労わってくれるとは甚だ勘違い。
逆にお客さんの前で不景気な、淋しい顔なんか見せちゃいけなかったんだ。
そんな暗い顔を見せるからお客さんに愛想を尽かされたんだきっと。
a0095546_0385898.jpg

今ならわかる気がするんだ。究極のサービス業は何も見返りを求めないって事。
商品説明だけ聞いておいて他店で買ってきちゃう人とか
自分の機嫌が悪いと周りに悪態ついて皆の気分を台無しにしちゃう人
お客さんなんてお金を払う代わりにわがままを言いに来るのが当たり前なんだから。
それにもっと早く気付くべきだった。本当に傲慢だったのは僕の方だった。
a0095546_0464232.jpg

でもね。。。もうすでにお店も失ってしまった今となっては
そして普段の仕事がストレスだらけの今となっては
一緒に海に潜る人は出来るだけ僕に強烈なインパクトやストレスを与えない人、
受けなくて良いストレスは受けたくないな、と言うわけで残ったゲストはホンの数人。
仲良しダイビングチーム的なノリで細く長く続けて行けたらいいな、と思う。
a0095546_0533979.jpg

「誰のおかげでメシ食えてんねん!」って言われた事もあったな。
ホンマにその通りです。すみませんでした。
だから僕はあなたのお金をいただかずに食って行こうと、そう決心したわけです。

今度お店をやる時は雑貨屋(兼)BARだ。週末はお店を閉めてダイビング。
夢は夢で、実現する直前までが楽しい。
まるで子供の頃の夏休みと同じだな。

来月千葉に帰省した時、かなり強いホームシックになりそうな気がする。
それだけ今の大阪の生活が来てるところまで来てるんだな。
大阪が悪いわけじゃないのに。千葉に帰っても余計に苦労するのに。
生きてきた時間はすでに大阪60:千葉40。それでも故郷はふるさと。


★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2011-08-31 01:13 | 日記  

<< 王将でうかつに「大盛り」と言っ... 換毛もちょっと一休み。 >>