♪イルカの日(メインテーマ)

天気予報は曇りのち雨、所により雷を伴って強く降る・・・。
長距離を歩く今日の仕事には辛い情報だった。
a0095546_22245563.jpg

でもとりあえず朝からいい天気。今のうちに太陽を浴びておこう。
どうせ帰りは土砂降りになるのなら。
a0095546_2228181.jpg

にぎやかなペイントの電車に乗ってキラキラな仲間の集まる場所に来た。
a0095546_22321360.jpg

水泳の得意な今日のキラキラ君と久しぶりにクロールでランデブー。
腕をゆっくり大きく振りぬいて水に乗る、水を掴む。泳ぐ事は気持ちいい。
他のいくつかの施設を利用して大好きなオヤツを食べて、また帰って行く。
なんだ・・・帰りもまた、素晴らしい晴れ空じゃないか。
清々しいとさえ感じるこの風は、もう季節が秋に向かっている事を実感させる。
とたんに淋しくなる。僕の「夏」はまだ何も満ち足りていないというのに。

大きな幹線道路沿いを歩いていたら向こう岸から大声で僕を呼ぶ声。
作業所で知り合ったキラキラ君が僕を見つけて手を振りながら叫んでる。
僕も手を振る。彼が笑う。二人だけのいつものポーズをする。お互いまた笑う。
そうか、作業所からの送迎で帰ってきたんだね。キミの家はこの近所なんだね。
a0095546_22342383.jpg

「熱烈歓迎!」僕の帰りを待っていたうさぎ。お前が元気だと俺も助かる。
きっと明日も元気なはず。それが絶対ではないのが悩みのタネ。
a0095546_22362054.jpg

それでも俺たちの別れはもっとずっと先の方にある。根拠は無いけどそう感じる。


子供の頃にテレビの洋画劇場で観て感動した映画「イルカの日」
その美しいテーマ音楽は今でも時々鼻歌となって僕自身のBGMに流れる。
美しい景色、壮大な夕焼け、気持ちのいい風、海や川の水音に接した時に
自然に出てくる僕のインナーBGM。
映画のストーリーは爆弾を搭載して敵の船に向かう訓練を受けたイルカと
葛藤に苦しむ海洋学者の物語。哀しくて切なくてそして優しいテーマ音楽が全編に響く。

今日の午後、予想外の青空と、川から吹く優しい風と。
目の前をいつもより速度を落として僕を気遣いながら歩くキラキラ君と。
そして道路の向こうから手を振って僕を読んでくれた作業所のキラキラ君。
気持ちの良いものがいくつも合わさって、自然と鼻歌に出た「イルカの日」。
この映画をご存知でない若き世代の皆にも、ちょっと聴いて欲しいと思って。
「♪イルカの日」


明日は更にハードだ。

★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2011-08-22 22:53 | 音楽  

<< 「理解」よりも「納得」。 かなり来てるな。 >>