<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

どんなに疲れていても・・・行っちゃう。

やっと。・・・・・・やっと海に行けた。ゲストは2名。
早朝、大阪を出るときからずっと雨だったけど潜ってる間のわずかな時間だけ雨は止んだ。
a0095546_22462032.jpg

水温はまだ23℃を超えていて、この季節としては平均的。
そして水の透明度が最も増す頃。魚の群れもハンパなく巨大だ。
a0095546_22484571.jpg

ダイバーのすぐ目の前、本当にジャマで前が見えないほどの群れ、群れ、群れ。
a0095546_22491638.jpg

小魚の群れが突然ガクっと動揺したかと思ったら捕食者の登場!
みんな狂ったように逃げ惑う。これも自然の摂理、食物連鎖の一部分。
a0095546_2251118.jpg

大きな口を「あうあう」言わせながら群れを追う。そのスピード、姿、かっこいい。
a0095546_22525155.jpg

カマスの仲間も小さな集団を形成して乱入してきた。
彼らもまた捕食に来たのだろうが自分たちよりも強大な集団に遭遇して面食らった様子。
ここはやはり道を譲らなければなるまい・・・。自分の命が危ないからだ。
a0095546_22545319.jpg

ダイビングスポットである「沈船」を多い尽くすような魚の群れ。
ココに潜れば必ずと言っていいほど、この魚影に遭遇することが出来る。
ココに来て「何も無かった」と言う方が珍しい。しかし今日は格別だ。
a0095546_2257333.jpg

潜水時間も40分になろうとしている。そろそろ浮上準備の時間。
沈船から離れて浮上ポイントへ移動。ふと目をやればまた静寂を取り戻しつつある魚群。
a0095546_230929.jpg

毎日の仕事で何がどうと言う事も無いのだがクタクタで。
昨日(土曜日)は僕が勤務している作業所の祭、まぁ文化祭みたいなものだったし。
数日前から近所にビラ配りをしたり。授産品の販売や父母の会のご父兄方による模擬店。
やきそば、焼き鳥、おにぎり、玉子せんべい、フランクフルト、各種飲み物・・・
一般の皆さんの来客と、近隣エリアの支援学校や他の作業所の方など、朝から続々と。
普段閉鎖的な印象のある知的障がい児(者)の施設を知っていただく良い機会にもなる。
そんな1日の疲労感を引きずりながら、今日のダイビングは朝6時起床、嬉しくて寝不足。
海も綺麗で、水温もまだまだ温かくて、魚なんかコレでもか!ってほど沢山いて。
せっかくの休みの日をどうしてそんなに疲れることするの?って聞かれた事があるけど。

1日中家でゴロゴロして過ごすとその後の1週間が更にしんどくなるような気がしてね。

いつもお留守番ばかりの「びーち」を和歌山から携帯でチェック。
(うん・・・・ちゃんと食べてる。ちゃんと生きてる)
a0095546_23102620.jpg

今日はダイビング帰りには珍しく温泉にも入らず夕食も食べずに早めの帰宅。
「びーち」がいつもよりちょっとだけ嬉しそうに出迎えてくれた(様な気がした)

いつもより長めに、ずっとずっと頭や背中をなでてあげよう。
(ご飯を食べてからね)




★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2012-10-28 23:18 | 海。  

原田知世「天国に一番近い島」切なくて悶絶。

みなさま、亡き祖母の為に温かいコメントありがとうございました。
僕も(おそらく親父も)けっこう大丈夫です。
100歳を超えての大往生、しかも病気で苦しんだわけでもなく、長く寝たきりでもなく。
むしろ「おめでとうございます」「長らくお疲れ様でした」とでも言えそう。

思い出は沢山あるけど何だかクヨクヨ哀しい気持ちにもなりません。
これはきっと人の死を「哀しいお別れ」と思わなくなったおかげ。
握り締めた手の中で静かに息を引き取った、母のような存在だった「ムッちゃん」の死を通して、
死ぬことを恐れる気持ちも、嘆き悲しむ気持ちもなくなったおかげ。

苦しみも辛さも全て消え去って軽やかに「帰る」事が出来るのだと知ったから。
(実は僕自身もそのうち来るであろう「死」が楽しみだったりする)
だから大丈夫。

ただ、おばあちゃんのように多くの人に看取られて死ねるなんて幸せは・・・僕には・・・・
まぁそれも家族が多いとか少ないとかもあるけど第一には死ぬ「タイミング」だな。だから微妙。
でもひとりぼっちで死ぬのは寂しいな。せめて誰かひとりだけでも。手を握っていて欲しい。
a0095546_034265.jpg



原田知世の「天国に一番近い島」
この映画、30年近く前なんじゃないか、あの頃の自分がいかに充実して毎日を生きていたか
今考えたら毎日ムチャクチャだったな。楽しかったけどひどい生活だったな。
この曲を聴いてたらあの頃の無軌道で無計画で無鉄砲な、キラキラした日々が蘇って。
二度と戻れないあの頃の自分に少しだけ近付ける様な気がして胸が苦しくなる。
いい歌なんだなぁ・・・。(今度この映画のDVD探してみよう)


原田知世と言えばこれも忘れてはいけない。
薬師丸・劇場映画版に対してこちらはTVドラマ版の「セーラー服と機関銃」
この時のオカッパ頭の彼女はいまいち可愛く見えなかったものだが主題歌のレコードは持ってる。


歌が特に上手いと言うこともないのだがこの透き通るような声質がいい。
名の通った立派な歌手の、変に「わたし歌が上手でしょ」と主張する部分が無いだけ、
聴いていて耳に心地よい。そうか、これも好きな歌手の条件で大事なことなんだなと再確認。
歌が上手いんだけど何だか腹が立つ・・・そんなヒトいるもんねぇ・・・。

「時をかける少女」もまぁ・・・悪くは無いんだけども。僕の中での原田知世ワンツーはコレ↑で。

★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2012-10-26 00:56 | 音楽  

「るり渓」で検索。

なかなか新記事をUPできずにすんません。毎日そこそこ忙しいっす。
で、今日は月に一度の山歩きの会・・・今回は大阪最北端の山、能勢の深山へ。
朝から快晴、やっぱり腫れオトコなんだねぇ・・・だって昨日の夜までずっと雨だったし。
a0095546_22402152.jpg

元気で陽気なシニアの皆さんとワイワイ話しをしながらどんどん昇っていく。
深い林の中を抜けて急勾配を登って尾根を歩いて・・・・視界が開けた。あれが頂上か。
a0095546_22423760.jpg

頂上の観測所、巨大なレーダーがそびえ立つ。
a0095546_2243232.jpg

標高は791m、見渡す限り山々、どこにも海が見えないのはここが大阪の最北端だから。
a0095546_2244229.jpg

この絶景を見下ろしながらお弁当タイム。朝の冷え込みから一転、ぽかぽかの日差し。
まぁ僕はココに来る前にすでにフライングして大きなおにぎりを1個、食べちゃったんだけど。
a0095546_22455893.jpg

下山途中で見つけた謎の植物。コレは一体なんだろう?太さはトウモロコシほどもある。
a0095546_2248357.jpg

いつものように皆で温泉(今日はるり渓温泉)に入って運転手以外はみんな生ビール飲んで。
後部座席でゆっくり寝ていただき、僕は孤独な運転手。好きな音楽を小さな音で聴きながら。
信号待ちでふと「びーち」の様子をチェック、携帯画面に映ったその姿はボールと遊ぶうさぎ。
a0095546_22515059.jpg

いつもお留守番ありがとう。
バイト代が入ったから今日は新しいトイレ砂と大袋の牧草と大好物のペレットを買って帰るね。



先週、千葉のおばあちゃんが亡くなりました。
1ヶ月ちょっと前にみんなでお誕生祝いが出来て本当に良かった。
数えで102歳、本当におめでとう。おつとめご苦労様でした。

今までずっと「早く死にたい」と言ってたおばあちゃんが最近「あと5年は生きたい」と言ったそうで
その直後にひっそりと亡くなったというのもまた不思議なハナシ。
今は先に逝ったおじいちゃんや、娘のムッちゃん達と一緒に楽しく過ごしているのかな。

長い長い・・・本当に長いおつとめでしたね。

ありがとう。ごめんなさい。お疲れ様。・・・・おめでとう。またいつか。

それから、僕の親父を生んでくれてありがとう。



★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2012-10-24 23:07 | 日記  

「近所では(バンビちゃん)言われてまんねん。」「え?ゾンビちゃん?」

病院からもらった「総合感冒薬ペレックス」飲んだら何だかフラッフラだよ全く。
体質的に合わないのかな・・・・以前もそうだったけどコレ飲むと全身がもの凄い倦怠感。
でも喉の腫れはまだ酷いままだしちゃんと薬は飲んでおこう。抗生物質もね。


そんな体調のままバイクをすっ飛ばして作業所に出勤してみれば男性職員が2名も休んでて
朝一番から「畑に出て茄子とオクラを収穫してきて下さい」とのありがたいお言葉。
作業所のすぐ前には専用の畑があってここで1年を通して様々な野菜を栽培してる。
今は茄子とオクラがいい感じ。
a0095546_0405697.jpg

ちなみにコレがオクラの花ね。
a0095546_0412646.jpg

夕方まで勤務して今度はガイドのお仕事が3時間。散歩とお絵描き。
風邪薬を飲んでるから今日はいつもの痛み止めを飲まずにガマンしてたんだけど
どうにも腰痛と坐骨神経痛が気になって仕方ない。仕方が無いからロキソニンを1錠服用。
段々効いてきた・・・変な汗かいてるけどまぁ寒気がするよりいいか。
a0095546_0443088.jpg

薬の効果ってすごいな、あっという間に楽になってしまった。
さてさて今日も2枚の絵を描いた。もうそろそろテーマを変えてみたい気もするんだけど
彼がゆるしてくれるかどうか・・・・
a0095546_0462747.jpg

もしテーマを変えるとしたら次は何がいいかねぇ・・・・。
a0095546_0581021.jpg



この前の仕事で行った奈良公園・・・。あの人懐こい鹿たちの事を思い出した。
僕の修学旅行のときは「鹿せんべい」を買ったとたんに周囲を鹿に囲まれて大変だったけどねぇ・・。
今は何ともお行儀の良いことで。
a0095546_049526.jpg

僕がカメラを向けたら「てへ?」みたいな感じで舌を出した子もいたよ。
a0095546_0505089.jpg

アレが鹿じゃなくてもしウサギだったら・・・・・・。
さぁて、どうだろうねぇ・・・。
a0095546_0522544.jpg

あんまり沢山居たらありがたみが薄れちゃうね。

ニンジンGET!おめでとう、うさぎ。おやすみ。

★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2012-10-17 00:58 | 日記  

ツメ切りも大事なコミュニケーション。

今日は朝から作業所、2時間だけ勤務して早退、そのままガイドの仕事へ。
元気が余ってて、時々嵐を巻き起こすちょとこだわりの強いキラキラ君と歯医者さんに行く日。
助手さんと僕とで手足を押さえながらあの手この手で説得しながら何とか診察も終わり
あとは楽しみにしていた某喫茶店の特製オムライスを食べるだけ。
コレがあるから今日も頑張れたんだよね。
a0095546_032945.jpg

昨日から喉の痛みと上気道および器官のムズムズ感はひどくなるばかり。
今朝からちょっと熱っぽい様な来もするし扁桃腺の腫れも気になる。
仕事が終わってすぐに掛かり付けの病院へ。幸いまだ初期の段階という事で安心。
でも以前このような症状を放っておいて仕事を続けた結果気管支炎を起こして死にかけたっけ。
今回は抗生物質も処方されて万全・・・あとは休養あるのみだって。それがなかなか難しい。
a0095546_0362671.jpg

明日も11時間の勤務だよ・・・こんだけ働いてるのに給料は減ってるって言うのが不思議。


今日は「びーち」の爪切りの日。少し前から伸びているのが気になってた。
さぁ、見せてごらん?
a0095546_0383074.jpg

前足が大分伸びてるよね。抱っこスタイルで切っていこう、それパチン。
a0095546_0393170.jpg

お前、可愛いねぇ・・・本当にニンゲンの子供みたい。
a0095546_040989.jpg

次は足の爪ね。ちょっと暴れるなよ・・・危ないよ。
a0095546_0411179.jpg

うーん、この方がよく見えるし切りやすいのかな?どうしたら一番いいのかねぇ。
a0095546_04217100.jpg

やっぱりこの方がしっくり来るね。
a0095546_0431352.jpg

さ、出来上がり。お疲れ様。
「僕の服についた沢山のお前の毛」それをコロコロクリーナーで取ってたら
すぐ隣でお前も一生懸命毛繕いをしてた。可愛いねぇ・・・。
a0095546_046735.jpg

それじゃ・・・またあした。


★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2012-10-16 00:49 | HOW TO 「びーち」  

映画「バトルシップ」は劇場で観るべきだった。

急に朝の冷え込みがきつくなった。今日は最低気温が12℃?あーびっくりした。
びっくりして風邪ひいた。
a0095546_03589.jpg

夜キラキラ君とお風呂に入って帰るガイドの帰り道、バイクを走らせて変な寒気を感じてた。
元気なヤンチャ小僧のキラキラ君とプールで泳いで帰る道、胸の奥がムズムズするのを感じた。
歩いて歩いて大汗かいて、冷たい風に吹かれながら散策の今日、のどの痛みを自覚した。
a0095546_045651.jpg

今日はガイドヘルパーとして初デビューを果たす若者に同行してアドバイザー的な立場で。
歩くときの注意事項やそのキラキラ君のこだわりポイントや、
駅での切符購入方法(障がい者割引の手順)や業務記録の記帳方法など。
まぁ実務的な事がほとんどだけど。

大阪城の天守閣にはキラキラ君とその若者の二人で行かせることにした。
中には色々と展示物があるのだけどこのキラキラ君は天守閣まで上がったら何も見ずに降りてくる
そのことを知っているから敢えて僕は下で待っていることにした。

観光客の多くは外国人で、白人も多いけれどやはり一番多いのは中国、次いで韓国人。
あれだけ「反日、反日」と騒いでわが国の国旗を燃やしたりしているのはテレビの中だけの話か。
そんな事を考えていたらふと誰かに呼ばれた気がして天守閣の展望回廊に目が行った。
はるか遠くに米粒のように見える人垣の中に一瞬で今日のキラキラ君を発見、
顔の表情やこちらを見ているかどうかなんて判別できなかったけれど僕は大きく手を振ってみた。
すると青いシャツを着て白いタオルを首にかけた彼もまた両手を上に振り上げて返してきた。
「はははっ、俺らどんだけ目がええねん」心の中で笑ってしまった。
a0095546_0173871.jpg

キラキラ君が手を振ったことで初めて新人ガイドの彼も僕に気がついた様子。
それにしてもお互いに、よくこの距離で見分けがついたよねぇ・・・。

元同僚、元先輩のヘルパーさんたちが移籍して行った新しい事業所。
昨日も今日も、元々は僕の所属する事業所の利用者さんだったキラキラ君を連れてバッタリ遭遇。
電車の中で「あー!べーさんや!べーさーん!」って満面の笑顔でキラキラ君。
a0095546_024445.jpg

我が事業所を「つぶす会」と称し集まった方々の努力の甲斐あって規模は随分縮小しました。
でも決してつぶれていませんよ。
最近はまたパラパラと利用者さんも増えつつあるけどヘルパーの数が足りなくて待機状態。
「つぶす会」をやめたと言うヘルパーさんからコンタクトもあるらしいけれど・・・
a0095546_029965.jpg

アレだけ威勢よく後ろ足で砂をかけて辞めていった方々をそう簡単には再雇用できないみたい。
まぁ二度と戻るつもりが無いからこそ、の辞め方だったんだろうし。
a0095546_034543.jpg

僕は管理者が誰になろうと、何度人事に移動があろうと、自分の仕事をするだけ。
利用者さんに対して明日1日のガイドが上手くできるかどうか、
それを考えるのが精一杯で・・・余裕が無いだけ。
様々な工作活動や利用者さんの引き抜きや他事行所のヘルパーの引き抜き活動なんて
そんな事ができるほど余裕が無くて、しんどくて。
a0095546_039261.jpg

利用者さんの家を個別に訪問して移籍するように説得したり、そのバイタリティには恐れ入る。
どうしてウチの事業所はやられっぱなしで黙っているのかと不思議に思っていたけれど
ま・・・僕は僕の仕事で精一杯。去るものは追わず・・・な?「びーち」
a0095546_0454514.jpg



予告編を初めて観たときから、「絶対に観たい!」と思っていた映画「バトルシップ」
結局その機会を逸してしまってこの度レンタルDVDで観ることが出来た。
まぁ・・・今時のCG満載の「そこそこよく出来たSFアクション映画」くらいに思っていたけど


「・・・・・・・。」


「!」

これは劇場で観るべきだった!  と強烈に後悔。
いやぁ、序盤のちょっとダラダラした感じから一転、強大な敵の猛攻撃、主人公のキャラクター、
そして何よりも日本人俳優「浅野忠信」がこの映画に出てたなんてオイラ知らなかったよー!
合同演習に参加していた海上自衛隊の将校「ナガタ」役で時々主役を食うほどの目立ちっぷり。
最後の反撃に関して重要なアドバイスをし、また要所で大活躍する知的で屈強な日本人、
居並ぶアメリカ海軍の精鋭たちに向かって次々と指示を出して挽回を図る海上自衛隊員ナガタ。
それだけでも観ていて痛快だった。
主役の「ホッパー中佐」がアメリカ海軍駆逐艦内で「今からお前が艦長だ、ナガタ!」と言うシーン。
背中に寒気が走るほど、感動しちゃったねオイラは。
a0095546_0535696.jpg

最新のデジタル技術を駆使して完璧な攻撃を繰り出す敵に対して、地球人側は全ての武器を失い
しかし最後に大きな力を発揮したのはコンピュータで最新兵器でもなく「超アナログ」な戦闘方法。

映画の冒頭で表彰された、太平洋戦争の退役軍人たち、つまり「おじいちゃん達」の大活躍。
後半に進むに連れてモリモリと勇気と元気が沸いてくる演出はなかなかのもの。
古きよき時代の西部劇映画を彷彿とさせるような、良くも悪くも古典的なストーリ展開には
最近の「何度もドンデン返し、裏切ってナンボ」的な映画には無い安心感が逆に新鮮でさえあった。

もうどうしようもなく絶望的に強い相手に対して地球人がどう戦うのか?
観るっきゃないでしょ。

映画「バトルシップ」予告編


見逃した方は是非、DVDレンタルでご覧下さい。
CG作品としても本当によく出来ておりますです。


★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2012-10-15 01:17 | 日記  

映画「ツナグ」を観て泣いた。

先週は京都に行ったと思えば今週は奈良公園だったり。
それにしても奈良公園に行ったのは二度目、最初は高校の修学旅行、二度目は20年前?
昨日は水泳大好きキラキラ君とプールで400m以上泳いだところでギブアップ。
気持ちのよい疲労感を残して帰宅、今朝は筋肉痛。
a0095546_0365275.jpg

「あの」プラモデル屋さんは閉店後もそのまま。ココを通るたびに胸がきゅんとなる。
店主のおじいちゃんはどうしているかな?
a0095546_0381319.jpg

歩いて歩いて毎日のお仕事。今年4足目?のスニーカーもあと何日かの命。
靴底だけが見る見る磨り減っていく、アッパーは全然きれいなままなのにね。
a0095546_0395527.jpg

JRの駅構内に張ってあったポスター、山陰めぐりツアーだったか、のモデルの娘にひと目惚れ。
きっとカメラが向けられていなくてもキラキラした瞳の美しい、素敵な女性だと勝手に信じつつ。
a0095546_0422439.jpg



映画「ツナグ」を観た。本編開始後10分ちょっとでもう泣いてた俺さま。
まだまだ捨てたもんじゃない。
a0095546_0433710.jpg

死んだ人に会いたい、生きている人に会いたい両者の気持ちが合わさってたった一夜の「面会」。
いくつかのエピソードが同時進行しながらキャラクターそれぞれの生と死を織り込んで。
それにしても最初の「面会」のこのふたりのやりとりに、僕はまったくやられてしまった・・・。
a0095546_0473723.jpg

強面(こわもて)の「息子」と他界した優しい「母親」。
人を信用できなくなって、強がってばかりで誰にも頼ろうとしないで
死んだ母と再会したときの、まるで幼い子供のように涙をためて呼んだ「おかぁちゃん・・・」
八千草薫さん演じる母親のこの台詞に僕の涙腺はとうとう決壊してしまった。
a0095546_0511460.jpg

「ツナグ」という、亡くなった人と生きている人を引き合わす「ボランティアのようなもの」を
他に例えるならば霊能力者とかイタコとかスピリチュアルカウンセラーとか?
映画の中でも触れているけどそれが本当に死んだその人の魂ホンモノなのかどうか、
そしてその行為が正しいのかとか冒涜ではないのかとか。

思いを残して死んだ人と、伝えきれずにずっと引きずっている「残されたひと」の納得の為に
「もう大丈夫だよ」「それでいいんだよ」と背中をポンと押してくれる、力を与えてくれる存在なら
それが嘘だとかホンモノだとか、霊だとかインチキだとか言う前にね
それも立派な人助けだと思うことにしている。(もちろん霊能力者はホンモノであって欲しいが)
a0095546_05975.jpg

この映画を観ていて各エピソードごとに死者との再会のたびに、
涙がスルスルと流れてきたのはきっと、今まで生きてきた中で経験した大切な人たちとの死別。
幼くして死んだ兄だったり、素敵なダイバーの先輩だったり、母のような存在の叔母だったり
友人、先輩、上司、親戚、沢山の人が僕よりも先に天に召されてしまった。
みんな死んだらどこに行くのだろう?どうなってしまうのだろう?映画の中でも問われている。
a0095546_144639.jpg

魂が残っているのか?とか思いは届くのか?とか。そんな事はよく判らないまま。
でもこの映画を観終わった後で僕の心に「たった一度しか死んだ人を呼べない」
そして死者にとっては「たった一度しか生きている人に会えない」そのチャンスを
もしあなただったら誰の為に費やしますか?というひとつの問い掛けが残された。
死んだ人に今でも「どうしても本当のことが聞きたい」なんてこと、皆さんにはありますか?
それとも「それを聞かずにあえて自分の想像を大切に」パンドラの箱として封印しますか?
a0095546_1113538.jpg

ごめんなさい と ありがとう その言葉を伝えるだけならいつも胸の中で唱えているけれど。
その人の顔を見ながら、その人の温かい手に触れながら、一緒にお茶でも飲みながら
別れの朝が来るまで一晩中思い出話に花を咲かせるのもいいかもしれないね。
朝日が昇って「その人」の姿がスーッと消えていく寸前に

「ごめんなさい」
そして
「ありがとう」が言えて・・・ちゃんと微笑みが返ってきた事を確信できたらどんなに素敵だろう。
そうやって送り出すことが出来たら「あの人」のその後もどんなに安らかだろう。

「ツナグ」・・・・そんな映画です。僕は結構すきです。

最後に・・・  この映画の中の 樹木希林さんが いい!

その彼女が劇中で何度か唱える詩のようなもの。何だかとてもいい感じで心に響いた。

「最上のわざ」
この世の最上のわざとは何?
楽しい心で年をとり
働きたいけれども休み
喋りたいけれども黙り
失望しそうな時に希望し
従順に平静に己の十字架をになう
若者が元気一杯で神の道を歩むのを見ても妬まず
人の為に働くよりも 謙虚に人の世話になり
弱って、もはや人の役に立たずとも
親切で柔和であること
老いの重荷は神の賜物
古びた心に、これで最後の磨きをかける
まことのふる里に行くために。



★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2012-10-11 01:24 | ちょっとスピリチュアル  

怖かったのはあの子もおなじ。

はい、まだ生きてますよー。(まだ言うかー)
a0095546_23261426.jpg

毎日作業所での仕事の後で夕方からのガイドの仕事、遅い時は帰宅が10時過ぎなんてことも。
この二つの仕事を掛け持ちしている忙しさのおかげで、しかし僕の精神的バランスは保たれる。
どちらか一方でも偏ったらきっとしんどいんだろうな・・・。
a0095546_23263186.jpg

今日の出来事。
作業所でさぁそろそろ帰り支度をしましょう・・・と言う時間に食堂の方から僕を呼び声。
声の主は同僚の女性職員、「○×くんが叩くんです!早く来て!」
僕の大好きなキラキラ君、そして彼もまた僕の事が大好き。
いつもは優しくて穏やかで可愛い笑顔の彼が時として豹変する事がある。ここ半年前から度々。
a0095546_23313220.jpg

行ってみると大勢の職員やキラキラ仲間に囲まれて顔を真っ赤にして一人の女性職員を叩いてる。
大勢の人の目が彼に注がれてプレッシャーを与えている。
僕はあえてゆっくりとした歩調で、その子の名前を優しく呼びながら膝を使って割って入った。
(何がどうしてこんなに興奮しているんだろう・・・?)
そんな疑問がふと浮かんだが今はそれどころではない。彼を静めなければパニックは伝染する。
きっと殴りかかられて興奮しているのだろう、その女性職員も声を荒げて何やら叫んでいる。
とにかく出来るだけ余計な人だかりを排除して、僕と彼と二人きりにしてもらわなければ・・・
そう思って皆に部屋を出て行ってもらって、二人並んで椅子に座ったとたんに優しい顔に戻った。


「○×ちゃん、さっきのアカンね、叩くのよくないね」
  「あい(はい)」
「ごめんなさいやね?もうしないよね?」
  「あい!」
膝の上に置いた僕の手を優しく握り返して、その感触を楽しむようにプニプニしはじめた。
もう大丈夫、これは彼がいつも僕に甘えてスキンシップを求めている時の行動だ。
その途端に僕は右目の下やら脇腹やら膝の上やら、ズキズキ脈打つ痛みを感じた。
そうか・・・必死で彼を抱きしめていた時に結構やられたんだっけ。
a0095546_23515132.jpg

帰りの送迎用ワゴンに乗せてニコニコ笑顔で手を振りながら出て行く彼を見送る。
その余韻も感じる暇も無く僕はバイクを走らせてガイドの待ち合わせ場所へと急いだ。
ズキズキする頬がヒンヤリ気持ちよかった。

きっと皆に囲まれてワイワイ大騒ぎされて、本当に怖かったのは彼。本人なんだろうと。
そう思ったらさっき見たばかりの屈託の無い笑顔が、澄んだ瞳が、切なくて泣けてきた。
あの時、叱り付けたり怒鳴ったりしなくて本当によかった。



今までのガイド中のお絵描きを並べて飾ってみたら・・なんてお声をチラホラいただきますが
全部キラキラ君のご家族にお渡ししてるので僕の手元には実は1枚も無いのです。
ま、そんな事もあってとりあえず写真だけでもこうして残してるんですが。
a0095546_23584719.jpg

もう何枚の絵を描いたかなぁ・・・全部残しておいてくれてるのかなぁ・・・・。
a0095546_03383.jpg

まさか次の日にはもう捨ててる・・・なんて事は無いだろうけれど。
ちゃんとファイルしてるかな?とか、まとめて封筒にでも入ってるのかな?とか。
a0095546_042060.jpg

彼自身も時々見返したりしてるのだろうか?とか。
a0095546_05136.jpg

一番のお気に入りはどの絵なんだろうね。
a0095546_05347.jpg

この1年間でも彼の色塗りの丁寧さ、緻密さは徐々に進化してきた。
こうして細かい塗り絵を嬉々として仕上げていく過程で、脳の活性化に少しは役立っているかな。
そうであって欲しいと、僕は願っているけれど。
a0095546_081477.jpg

また今度会うときはどんな絵を描こうかな?いつもテーブルに着いてから考えるからなぁ・・・。
・・・ってかこの宇宙シリーズとバキュームカー・シリーズ、いつまで続くのだろうか?
♪~( ̄。 ̄)
a0095546_0133037.jpg




★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2012-10-05 00:22 | 日記