<   2009年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

”秋風の恋”

季節的にアレだけど元々勝手に付けられた邦題だし。
1976年 男性デュオ、イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリィのヒット曲。
日本ではネスカフェのCMソング「Keep Your Smile」の方が有名かな・・・。
古いLPレコードもまだ大事に持ってる。
a0095546_0275324.jpg

このレコードを買ったのは高校1~2年の時かな?
とにかく耳に入った「好きな音楽」は片っ端から欲しかった頃。
でもそんなお金も無くてラジオのリクエスト番組とかマメに録音してた。
その頃は流行りの言い方でエア・チェック・テープなんて呼んでたっけ。
↓再生♪
「Youtube イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリィ(秋風の恋)」
原題:I’d Really Love to See You Tonight

いい歌はいつ聴いてもいいね。うさぎも気持ちよく昼寝してる。
a0095546_0363583.jpg

午後から雲行きが怪しくなってきて、もうすぐ雨が降りそう。
最近ではもううさんぽに行こうなんて思わなくなってきちゃったね。
a0095546_0381595.jpg

本当は今日みたいに曇っていて薄暗いような日には行けるかな?なんて思ったけど
一歩外に出てみたらもの凄い湿度で、こりゃウサギには辛いなと。
a0095546_0393732.jpg

「びーち」にとってはエアコンの効いたお店の中の方がずっと快適。
ん?そのマーク、お前の事だよ。 「海兎(うみうさぎ)」
a0095546_041492.jpg

暑さに弱く、寒さにも弱く。本当にうさぎはデリケートな生き物。
カンタン、お手軽に飼えますよ!なんて言うペットショップがあったらそのお店は×だな。
な?うさぎ。 (お、笑って手を振っているように見えるかも)
a0095546_0434072.jpg

ちょっとした事でも体調を崩して大変なんだ。
うんちが小さかったり少なかったりしただけでドキドキものだ。
まったくめんどくさいヤツだな、うさぎ。
a0095546_044936.jpg

とりあえず、今日もまた生きていた。こうやって1日ずつ。
明日も生きていますように、ウサギもヒトも。

明後日とか、そのまた先の事は・・・・どうなる事か判らない。 
a0095546_0462434.jpg

考えても仕方ないから
アップルポテトパイ、甘い甘いおやつを食べたよ。
a0095546_0493755.jpg

とにかく明日は生きていますように。

クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへクリックありがとう!人気ブログランキングへクリックありがとう!FC2ブログランキングへ
[PR]

by beach_bunny | 2009-06-30 00:53 | 音楽  

脱皮して大きくなるウサギ。

理由は不明だけどまたまた「びーち」の換毛が始まったみたいで。
ええー?2ヶ月くらい前に終ったとこやん、なんてボヤいても仕方ない。

夕方の涼しい風が吹くお店の前でブラッシング。
やっぱり外は緊張するね。ドキドキするね。
フワフワと柔らかい「びーち」の分身が飛んでいく。
僕の顔にも服にもまとわりついて困ったもんだねぇ・・・。
a0095546_0274016.jpg


野ウサギの換毛は日照時間が大きく関係するって、何かで読んだけど。
穴うさぎの仲間はやっぱり気温か?湿度か?どうして年に何回も起きるんだろ?
a0095546_028888.jpg

最後はお腹のブラッシング。相変わらず苦手だねぇ・・・・。
でもお腹の抜け毛が一番豪快だった。白い綿毛がバフバフと風に飛んでいく。
自分で毛繕いしやすい場所だからしっかりと除去しておかないと大変。
毛球症は飼い主の手抜きが生む病気だと言われてもしょうがない。
a0095546_0282539.jpg

さっぱりスッキリ。ガマンした甲斐があったかな?
オトコマエのうさぎになったかな?
a0095546_0284813.jpg

それにしてもよく育ったもんだな。
体重は2.4kg、身長(体長)は500mlペットボトル2本分もあるよ。
もうお前のことを「ミニウサギ」と呼ぶのはやめようね。
a0095546_029271.jpg


どうせならカピバラくらいの大きさになったお前も見てみたい気がする。
体長60~70cmくらいで、いかにも重たそうに「べったん、べったん」と歩くうさぎ。
生きた縫いぐるみみたいで可愛いかも。

あ、でもその大きさで換毛は嫌だな

クリックありがとう!FC2ブログランキングへクリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへクリックありがとう!人気ブログランキングへ
[PR]

by beach_bunny | 2009-06-29 00:36 | 「びーち」  

久々の海、久々の電話。

今日は朝から和歌山県の白浜町へ。よく晴れて風の無い穏やかな朝。
海面も鏡のように静かで、たぶんどんなに乗り物に弱いヒトでも今日なら大丈夫。
a0095546_23425033.jpg

水中はちょっと濁っていたものの魚の数はハンパなく、
イサキやアジの大群が行く手を塞いで前が見えなくなるほど。
a0095546_23455422.jpg

食べたら美味しいだろうねぇ・・・。昨日のアジフライを思い出しちゃった。

見上げると頭上にも魚、サカナ、さかな!目のやり場に困る。
(ってか、ちょっとウルサイなんて言ったら贅沢か)
a0095546_0164054.jpg

午後の船から空に横一文字の珍しい虹。どうしてこんな?何か天変地異の前触れか?
a0095546_2349317.jpg

それでも水中はレアな顔ぶれでお出迎え。
小さい仲間たちは老眼の僕がもっとも苦手とする所。
a0095546_23531397.jpg

大きなものも小さなものも、みんな同じ海で共存している。
たかがニンゲンごときが勝手にお邪魔して、その環境を破壊してはいけない。
a0095546_23545693.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎて、
腕のダイビング・ダンピュータが「そろそろ帰る時間ですよ」と催促し始めた。
a0095546_23565097.jpg

この海の上にある現実世界にまた戻らなければならないんだねぇ・・・・。
そう思って見上げると何だかドンヨリと曇ってきた様子。
僕の表情も心なしか曇って見える? 
「まだ帰りたくねぇー」
a0095546_23583258.jpg


ただいま、「びーち」。
よくぞ生きて待っていた。それだけで、お前は最高のうさぎだな。
a0095546_053847.jpg

お客さんも帰って、パソコンに向かったその時に、古いバイク仲間から電話。
仲間の一人がバイクに乗って走行中に自転車を避け損なったか何かで単独転倒、
そのまま植物状態になってしまったという。

昨日、このブログでそんな話題に触れたばかりだったので思わずハッとした。
むかしの仲間が集まって明日みんなで病院に行くという。
ゴメン、10年以上も会っていない懐かしい顔ぶれと悲惨な彼との再会を同時にあったら
きっとポーカーフェイスでいられない。
つらい看病のご家族の前で取り乱したくない。

ごめんな。オレはお店もあるしまた今度にするよと断った。
本当にゴメン。
クリックありがとう!FC2ブログランキングへクリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへクリックありがとう!人気ブログランキングへ
[PR]

by beach_bunny | 2009-06-28 00:20 | 海。  

今夜がマイケルだったのに。

今朝からテレビが慌ただしく報道しているのは世界のスーパースター、
マイケル・ジャクソンの死亡を告げるものだった。

驚いたのはそれだけじゃなくて。
実は今夜のブログネタを「マイケル・ジャクソン」でいこうと昨日から決めていたから。
音楽(Youtube)ネタで「We Are The World」を紹介しようとブックマークしたのが3日前。
「実は僕はむかしマイケルが好きで、CDも持っていて・・・」なんていう感じで書く予定だった。
a0095546_21194066.jpg

まさか死んでしまうとは思ってなかったので奇妙な驚き。
まぁ、こんなのは虫の知らせとかいうのとは全然違うんだろうけど。

大変だったね。お疲れさまだったね。おやすみマイケル。
今日は店内で彼の曲を流してみた。「びーち」も初めて聴くのにご機嫌みたい。
a0095546_21215062.jpg

これから彼の死因も含めて様々なゴシップが流れてくるのだろう。
死んだ人はちゃんと見てる、聞いてる。だからしばらくは静かにしてあげて。
偉大なるスターを「スターのままで」行かせてあげようじゃないか。
a0095546_21253825.jpg

まったく無反応のいわゆる「植物状態」と言われる人であっても周りの会話や音は聞こえてる。
危篤状態でとっくに意識なんて喪失した半死の状態でも、人の言葉は聞こえているそうだ。
僕が叔母の臨終に接した時ももはや息をしているだけのような叔母に対して
語りかけ、労わりの言葉や感謝の言葉をかけることで握り締めた指にかすかな反応があった。
お医者の先生も「返事は出来ませんが言っている事は判っているんですよ」と言っていた。
a0095546_21312227.jpg

それはきっと、死んでしまった瞬間のその後でさえ。
周りの会話や物音、自分に起きている事象を見聞きしているのだと思う。
だから亡くなった人のそばで遺産相続の揉め事や故人に対する愚痴や悪口などは禁句。
いきなり手の平返したように下世話な話を始められたらたまらないね。
a0095546_21341662.jpg

だからマイケルも。
もし万が一、検死解剖の最中の中傷や罵倒があればそれをしっかり聞いているはず。
これ以上スターを悲しませるなよな・・・。
彼の死を早めたのはきっと彼自身が傷つきやすく弱いニンゲンだったから。
だとしたら死んでしまった後に、これ以上傷付けないで。

たとえ僕が何かの事故で植物状態になっても。
もう意識の回復が見込めない完全な脳死状態だと判定されても。
耳元で悪口は言わないでね。
そして「生命維持装置」をそっと外して欲しい。
僕は密かに「死ぬ事」を楽しみにしているのだから。

今日のランチ。
きゅうりとわかめの酢の物、ちょっと水っぽくなってしまった。
豚汁、こんにゃくを入れたかったけど無かったので油揚げで代用。
唯一買ってきたお惣菜の「アジフライ」二尾。これでもかと大盛りのキャベツとともに。
梅干も添えて。
a0095546_2143504.jpg

明日はダイビング、「びーち」はお留守番だけど大丈夫かな?
牧草もお水もたっぷり用意して、エアコンを点けっぱなしで出かけるよ。
お互いに生きてまた会おう。
クリックありがとう!人気ブログランキングへクリックありがとう!FC2ブログランキングへクリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
[PR]

by beach_bunny | 2009-06-26 21:51 | ちょっとスピリチュアル  

食べられない缶詰ふたつ。

昨年の秋にガンで亡くなった叔母の「ムッちゃん」は、
生前、もう何年ものあいだ僕の食生活を気遣って時々食料品を送ってくれた。
いつも千葉のスーパーでダンボールいっぱいの食品を買って送ってくれたものだ。
a0095546_0512864.jpg

僕の事を実の息子のように心配して可愛がってくれた。
僕も帰省する度に必ず顔を出して、お互いの無事を確認していたものだけど。

もう1年以上前の、最後の段ボール箱も賞味期限の早いものから順に食べ尽くして
手元に残ったのがこの缶詰ふたつ。それはいつも必ず入っていたカニ缶とコンビーフ。
a0095546_0572885.jpg

僕が特に好きだと言った覚えもなく、きっと叔母の考える「ごちそう」だったのかもしれない。
叔母が送ってよこす以外は自分で買う事は無かったので
必然的にこの2種類の缶詰はそのまま叔母の思い出の味になってしまった。

叔母が亡くなってからは何だか食べられなくて。
いつも送ってくれたのは食べ物ばかりだったからコレを食べてしまったら何も残らない。
こんな事だったら今までの段ボール箱も空き缶も袋も捨てなければ良かった、なんて。
でもそれではゴミだらけになるしね。
a0095546_11112.jpg

本当にいくつもの偶然やタイミングで、叔母は自分が死ぬ所を僕に「見せて」くれた。
親戚の中で僕だけひとり離れて大阪に暮らしているのに、
まだ話が出来る状態から最後に息を引き取るまでのわずか3日間を
まるで今まで会えなかった分を埋め合わすかのように、強烈に過ごしてくれた。

ニンゲンの死がどういうものか、映画や小説では何度も見ていた事が
最大の喪失感と、最高の達成感とを伴って握り締めた手の中で消えていく命を
たった3日間に凝縮して誰よりも、どんな言葉よりも判り易く。「見せる」事で教えてくれた。
a0095546_143799.jpg

最後の夜、個室の病室で苦しみもだえ何度も「殺して!」と懇願された時に
僕は何も出来ないのなら本当に殺してあげたいとさえ思った。

時折ニュースで耳にする「介護疲れや病気の妻を「見るに見かねて」殺した事件。
どんな理由であれ人を殺す事が許されないのだとしても
今目の前で苦しむ最愛の人を救う方法がそれしかないのだとしたら。

それでも僕には出来なかった。

殺す事が出来ない替わりに僕は祈った。
「早く連れて行ってあげて下さい」
痛み止めの薬も効かないほど限界に達した、内蔵全てからの悲鳴は
もうそれ以上生きている事に何も意味が無い事を誰もが納得していた。
それでも「医学」で生かそうとするのは本人の意思とは反対の「拷問」だと思った。
a0095546_1171845.jpg

今までしてくれた事、何もお返しをしていないまま。
全部をひとつにまとめた「ありがとう」を握り締めた手に伝えた。
残された缶詰ふたつ。・・・・いつ食べよう? 
嬉しい時? 何か大きな変化があった時? 叔母の命日?

この一週間、へやんぽをしていても僕から1mほど離れて寝そべるようになっていた「びーち」
何か気に入らないのか、呼んでも来てくれなくてちょっと機嫌が悪そうだった。
昨夜は初めて僕の顔を見ながら「足ダン」をした。こんなことは初めてのこと。
まるで僕の事を警戒するかのように一定の距離をおこうとしていた「びーち」

それが。
今日、缶詰を見ながらぼんやりしていたら「すっ」と僕の足に寄り添って寝転んだ。
昨日までの事が嘘のように穏やかな顔をしてお腹の柔らかい毛を僕の足の甲に当てるように。
そこだけホッコリと温かい。

何だ?慰めに来たか?
a0095546_1203786.jpg

無表情でこっちを見ながら体温だけを提供してくれるうさぎ。
試しに床に寝転んでみたら駆け寄ってきた。
「昨日まではゴメンネ」とか言ってるみたいに、やたらと舐めてきた。
むかし飼ってた犬の「ダン」もひとの涙を舐めるのが好きだったっけ。動物って変だな。
a0095546_1315993.jpg

お前も俺と一緒に叔母さんの家で寝泊りしたもんな。去年の正月。
デジカメ持ってて良かった、沢山写真を撮っててよかった。
でもそれはそう頻繁に見る事もなく。
ハードディスクの中のデジタル写真なんてどこか冷たい。何か物足りない。
a0095546_1404565.jpg

だから結局むかしの紙焼き写真の入ったアルバムを開く事の方が多い。
長方形の印画紙が1枚1枚温かい。
ちょっとセピアに色褪せた事が残念で悔しくて悲しいけど、デジタル写真よりずっといい。

ありがと。どうもありがとう、うさぎ。今日からまた仲良し。
a0095546_1423650.jpg

生きているうちに言わなければならない事、してあげなければならない事は
きっと死んでからぽつりぽつりと浮かんでくる。
本当は普段ココロの隅で「いつか言おう」「いつかしてあげよう」と思っていても
なんだか恥ずかしかったり、カッコ悪かったり。

後になって取り返しが付かなくなって悔やんでる。

まるでスーパーの買い物から帰って来てから「あ!アレ買うの忘れた」なんて言うのと一緒。
スーパーはまた今度行けばいい。
でも死んでしまったヒトはもう戻らないから。

最後にその全てを二つの言葉に込めて祈ろう。
「ごめんなさい」と「ありがとう」
残された缶詰ふたつ。
カニ缶が「ごめんなさい」で コンビーフが「ありがとう」だ。

さて・・・いつ食べよう?悲しい時?うれしい時?
a0095546_1503188.jpg

今日はありがとな、うさぎ。おやすみ。

クリックありがとう!人気ブログランキングへクリックありがとう!FC2ブログランキングへクリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
[PR]

by beach_bunny | 2009-06-26 02:05 | 日記  

夏の壁紙その1

あ、その2だったか。(;^_^A

夏らしく・・・こんな感じでいかがでしょうか。
お気に召しましたらどうぞご自由にお持ち帰り下さい。
(クリックで拡大表示します)
a0095546_322121.jpg

実際には夏の暑さと湿気に弱いうさぎさんです。
体調を崩さないようにしっかりエアコンで管理しましょうね。

クリックありがとう!FC2ブログランキングへクリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへクリックありがとう!人気ブログランキングへ
[PR]

by beach_bunny | 2009-06-25 01:18 | 「びーち壁紙」  

その名はマイティ・ジャック

必ず海が出てくるドラマなので当事としては珍しい「潜水シーン」も何度かあった。
この頃の「アクアラング」のイメージが強烈に残っていて僕がダイビングを始めるきっかけに・・・
なったとか、ならなかったとか。

1968年、円谷プロ作品。
東京湾の秘密海底基地から発進する万能戦艦「MJ号」がとにかくカッコよかった。
放送当初はタイトルも「マイティ・ジャック」で1時間番組だったけど大人向けの内容だったため
視聴率が伸び悩み、途中から怪獣や宇宙人が登場する「戦え!マイティ・ジャック」に変更。
放送時間も30分へと短縮された。

でも僕の記憶に残っているのは怪獣や宇宙人が出て来ない、初期作品の方なんだな。
確かにスパイや陰謀、盗聴と言ったシブいストーリーが多かったけれど
当時6歳の僕はちょっとオトナのドラマを「判っているフリ」で見ているのが楽しかった。

それよりも少年のココロをグッと惹き付けたのは精巧なメカやギミックの数々。
戦艦MJ号は必ずドックに海水を注水してから「潜水艦」として基地を出て行き、
その後海面へ浮上、航行し、事件現場へは空飛ぶ「大型飛行空母」として駆けつける。
その主題歌は今もその名を轟かせる巨匠、富田勲の創りし交響曲をバックにしている。

50歳前後の(元)少年達は、この曲を聴くと今でも青い海原に浮かぶMJ号が目に浮かぶ。
とにかく男の子のツボをグッと抑えた最高にカッコイイ曲です。
↓ 再生♪
「Youtube マイティ・ジャック 主題歌」
a0095546_22162755.jpg

最近このマイティ・ジャックシリーズののDVDをレンタルして閉店後の店内で鑑賞してる。
はっきり言って全然記憶に無いストーリー、だからこそ新鮮、だからこその感動。
懐かしいメカ、懐かしい登場人物、懐かしい音楽。
円谷「ウルトラ」シリーズではおなじみの「二瓶正也」さん(ウルトラマンではイデ隊員)とか
「桜井浩子」さんはゲスト出演ながらウルトラマンで(元同僚)の二瓶氏と名コンビぶりを披露。
桜井さんはそれ以前にあの名作「ウルトラQ」でも主人公の新聞記者(ゆりちゃん)役で有名。
a0095546_2211106.jpg

その他にも初期作品ではMJ隊長に「二谷英明」さん、副長に「南 廣(ひろし)」さんなど、
豪華な顔ぶれが並んでいる。
(南廣さんは「ウルトラセブン」では宇宙ステーションV3の戦闘隊長、
      ウルトラ警備隊キリヤマ隊長の同期の桜としても登場している)

あー何だかワクワクしちゃうよねぇ、「びーち」!   (・・・わかんねーか)
a0095546_22155099.jpg


「びーち」は僕がDVD鑑賞している間も「もすもす・・・」と牧草を食べたり
バタン!と寝転んでみたりとまったくのマイペース、でも時々オレの方を見て存在を確認してる。
お前のそういうところが好きだな。
a0095546_2224040.jpg

コトンコトンと黒豆さんの落ちる音が聞こえると嬉しくなるよ。
a0095546_22245776.jpg

今日もお前のお腹、フカフカの綿毛に触ったり顔を押し付けたりさせておくれ。
こりゃもう、中毒だな、ワシ。・・・・気持ちのいいフッカフカのお腹の毛!

はい、皆さんもどうぞ。
a0095546_22261699.jpg

今度はゆっくりお前の「おへそ」と「おっぱい」がどこにあるのか調査しようと思う。
ま、覚悟しとけよな。

関係ないけど↓今日の朝メシ。
a0095546_22274724.jpg


クリックありがとう!人気ブログランキングへクリックありがとう!FC2ブログランキングへクリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
[PR]

by beach_bunny | 2009-06-22 22:34 | 日記  

赤ちゃん抱っこ。

お店を閉めてへやんぽタイム。
さぁ、出ておいで!
a0095546_0172972.jpg

やっぱり「うさんぽ」より安心して走り回れる。室温も湿度もエアコンで快適。
キケンも少ないし、うさぎにとっては「へやんぽ」が一番だね。
a0095546_019498.jpg

今日はなかなかHappy Jumpを撮影できなかった。
首を振りながらひねり飛び、うさぎの喜びの表現だとか。
ひとしきり遊んだらちょっと休憩・・・今から見たい映画があるよ。
a0095546_0222019.jpg

最近「びーち」と練習してるのが「赤ちゃん抱っこ」。
腕の中で仰向けにして力を抜いてリラックスできるように・・・。
a0095546_0232572.jpg

ここ数日は10分以上このままで平気になってきた。
今日は映画を観ながらお互いがリラックスする練習。僕が緊張しては「びーち」にバレる。
a0095546_0244016.jpg

ニンゲンの赤ちゃんを抱くように左胸に頭を付けて。
ニンゲンはこうして「お母さん」の心臓の音が近い方が安心するらしい。
a0095546_0255933.jpg

なぜか「びーち」もこの向きだと大人しくて、逆にすると落ち着かなくて逃げようとする。
きっと僕の抱き方にも向きによって上手、下手があるんだね。

最近ようやくこのフカフカのお腹に顔をうずめてグリグリ出来るようになった。
「びーち」はさぞかし嫌がってるだろうけど、僕は柔らかくて温かい綿毛が本当に気持ちいい!
a0095546_029614.jpg

お店の明かりを落として間接照明だけにして、僕もうつらうつらしながら映画を観ていると
「びーち」もそのままで何だか眠たそうに体の力が抜けてくる。
a0095546_0272722.jpg

気が付いたら30分近くもこの体勢、時々こうしてカメラを向けても気にしなくなった。
何だか眠たそうな表情。僕の理想はこのまま「びーち」が眠ってくれる事。
まぁ、実際には有り得ないかも知れないけど、将来的には出来るかもしれない。
a0095546_0322939.jpg

あれ・・・?ひょっとして、寝てるんじゃないか?
a0095546_0331575.jpg

熟睡ではないだろうけど全身の力が抜けてお腹も伸びてる。
後ろ足の緊張も解けてダラリとしてる。・・・・何だかすごく嬉しい。
a0095546_0391155.jpg

寝たフリでも何でもいいや。こうして僕の腕の中でお腹を見せてリラックスしてる、
僕と「びーち」にとってはそれだけですごい進歩だから。

僕はリモコンでテレビの音量をちょっと下げて、「びーち」の顔をずっと見ていた。
しばらくして「びーち」の鼻の穴が閉じたままになった。

映画はどうせ録画だから後でまた最初から観ればいいや・・・。

おやすみ・・・。

クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへクリックありがとう!人気ブログランキングへクリックありがとう!FC2ブログランキングへ
5分後、ガマンできずにオナラをしたら、逃げられたよ。
[PR]

by beach_bunny | 2009-06-21 00:51 | HOW TO 「びーち」  

♪ You'll Never Know (Hi-Gloss )

1981年と言えば僕は19歳、浪人中の身で毎日バイトに明け暮れていた。
葛飾区の亀有電話局の近くにある喫茶店で1日おきに泊まりでウエイターの仕事。
その頃クルマの中で一番よく聴いたのがこの曲「You'll Never Know」だったと思う。

参加した13人全員がニューヨーク出身、その誰もが一流のスタジオミュージシャンという
このレコーディングの為に結成されたユニット、その名も「ハイ・グロス」
僕はFMラジオで流れてきたこの曲に一発でやられてしまい、すぐにレコードを買った。
a0095546_1733149.jpg

カセットテープに録音して何度も何度も、テープが擦り切れるまで聴いた。
バイトの行き帰りに通る京葉道路の小松川バイパスあたりの夕焼けだったり、
あるいは渋滞する国道16号線の江戸川を渡る大きな橋の上で見る夕日だったり。
目の前に連なる赤いテールランプが、その時の僕にとってはニューヨークっぽかった。

この曲を聴きながらだとどんな渋滞も煩わしい割り込みも全てがNY化の演出だった。
大きな船の形をした船橋のラブホテルなんて、絶対に視界に入らないように目をそむけた。
ニューヨークにそんなものはない。
うっかり見てしまったときはマンハッタンリバーに浮かぶ豪華客船だと思い込んだ。
「HOTEL石庭」なんて文字は無視だ、、ムシ。

国道では渋滞の車の合間を冷たいヤクルトを売って歩くおばちゃんが居た。
ニューヨークにそんなおばちゃんは居ないが、・・・・・概ね買うことにしていた。
そのおばちゃんがミニスカートでローラースケートでも着けてれば完璧だったが。

この曲はクルマで聴くと今でも僕を19歳の夏に引き戻してくれる。
京成「お花茶屋」、「堀切菖蒲園」、そして青戸あたりの雑然とした下町が浮かんでくる。
なんだ・・・全然ニューヨークじゃないじゃん。
↓ 再生♪
「Youtube (You'll Never Know (Hi-Gloss )」
何度聴いてもこの黒人女性ボーカルの見事な声量に引き込まれる。
大阪の夕焼けで聴いてもきっと大丈夫。

さて、今日のうさんぽ。
もうやめようかと思いながら外に出て気温や風をチェックしてみる。
「びーち」の元気具合を観察してみる。30分以内に限定して決行しよう。

今日もこの小さくて豊かな緑に会いに来た。
昨日のおばあちゃんたちに会えるかもしれない、そんな小さな期待もある。
a0095546_17531347.jpg

大きな木陰でひんやりと吹くそよ風。
遊びたいうさぎ、ぐんぐん駆け上る白いしっぽ。
a0095546_17545035.jpg

いつもの丘の、いつもと違う土手。西側斜面の涼しい風の当たるところ。
お前の目の輝きを常にチェック。うさぎはその元気が目に表れる。
a0095546_17563368.jpg

ここから向こうは強い太陽が待ち構えている。うかつに出て行ったら大変だな。
a0095546_17571946.jpg

こうしてお前を見ていると「うさぎを飼ってよかった」と思う。
よく判らないけど、お前に「びーち」と名付けて本当に良かった。
a0095546_180836.jpg

たぶん・・・うさんぽ本当はあんまり好きじゃない。
でもオレに気を使って「ほら、僕こんなに楽しんでるよ」っていうフリをしてる。
ニンゲンの小さい子供だって、結構親や周りのオトナに気を使って生きている。
目の前で夫婦ゲンカなんてされたら小さな胸を痛めてやりきれない思いをこらえてる。
うさぎもコドモも、言葉や意味が判らなくても怒りや悲しみのオーラには敏感。
だからこそ駆け引き無しで本当の「好き嫌い」を主張する。
a0095546_1832980.jpg

自分にとって敵か味方か。その判断においてかなり正確に、そして瞬時に決定する。
そういうところがきっとオレとお前の共通点。
腹の底に渦巻く敵意や猜疑心、利己主義と言った負の感情をピリピリと感じる。
自分の事を「本当は好きじゃない」その気持ちが、いともあっさりと判ってしまう。
そんな時、「つくり笑顔」さえまともに出来ない不器用さ、僕に不必要な「野生」だな。
動物のオスなら当たり前の能力、自己防衛の手段なのに。

だから僕は「あきんど」として成功出来そうもない事は随分前から判ってる。
やっぱり技術屋なんだな、と思う。ニンゲンはややこしくてめんどくさい。
a0095546_18155845.jpg

昨日のおばあちゃんたちは来ないね、でもいつまでも待ってもいられない。
そろそろ約束の30分。お店に帰る時間だな。お前はまだまだ遊び足りなさそうだけど。
a0095546_18172081.jpg

さ、帰ろう。
来週はいよいよ梅雨らしい天気になるとか。
a0095546_18202548.jpg

だから今度も来れるとは限らない。この景色よく見ておけよ、うさぎ。

クリックありがとう!人気ブログランキングへクリックありがとう!FC2ブログランキングへクリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
[PR]

by beach_bunny | 2009-06-19 18:48 | 音楽  

そろそろ・・・かな。

今日は昨日と違って北西方向からの風がちょっと強めに吹いている。
それでも気温の高さはもう夏そのもの。30度に迫る。
a0095546_2134215.jpg

とりあえず来てみたけど「びーち」はどうだろう?
a0095546_2141449.jpg

元気かな?しんどくないかな?
a0095546_2145646.jpg

ココはちょっと涼しいね。風がひんやりしてる。
a0095546_2165974.jpg

丘の頂上はもっと強い風が吹いてる!あの大きな木の下まで走ろう。
a0095546_217542.jpg

お前、元気だな。オレは・・・ちょっとキツい。
a0095546_2183121.jpg

冷たい地面にお腹をくっつけて・・・笹の葉をチビチビ食べるか。
ブラッシングも終わったし今日はもう帰った方が良さそうだな。
a0095546_21101110.jpg

天気予報ではお昼ごろには曇ってきてにわか雨とか言ってたけど。
思いっきり晴れてるし。
明日はもっと暑くなるらしい・・・。きっとうさんぽは無理だな。

さ、一緒に帰ろう。今日のうさんぽ35分。
a0095546_2113058.jpg

バイクのそばまで帰って来たら車椅子が数台、きっとご近所の老人ホームのひと達。
キレイに咲き並んだ「花しょうぶ園」を見に来てるんだね。

介護スタッフに声をかけられた。「うさぎさんですよね」  「はい、そうですよ」
お年寄り達が一斉にこっちを見て「まぁ、可愛い。肩にちょこんと載って」

二言三言話をしてキャリーバッグに「びーち」を入れて。
お年寄りを脅かさないようにバイクを遠くまで押してからエンジンをかけた。
振り向いたら一人のおばあちゃんが手を振っていた。

今度またココで会う事があったら介護スタッフ募集してないか聞いてみよう。
その前にやっぱり資格が必要かな。

クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへクリックありがとう!人気ブログランキングへクリックありがとう!FC2ブログランキングへ
[PR]

by beach_bunny | 2009-06-18 21:22 | うさんぽ