「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ちょっとスピリチュアル( 54 )

 

桜塚やっくん。

今日はガイドのお仕事がキャンセルになって中途半端に暇になって。
キラキラ君のご機嫌がどうにも悪くて大声で叫んだりでもう今日のお出かけは無理かな?
そう言いながら「1時間位したらまた来ますね」と言って一旦帰宅。
a0095546_013652.jpg

事務所から「今度は行けそうです」とメールが来てもう一度お宅に伺ったけど。
お母さんが声を掛けに行ったらまた大きな声で怒鳴ってるのが聞こえてきた。
もうね、今日は無理させんときましょ。ってことで中止。
電車の中や駅のホームで大暴れされた事もあるので僕としては強行策はとりたくない。
まぁ虫歯の治療に歯医者さんに行くなんて僕らでも好きじゃない事だもんね。
a0095546_016045.jpg

「歯医者さんやめて一緒にプールに行こう」とか「オムライス食べに行こう」とか
色々声を掛けては見たけど帰ってくるのは不機嫌そうな叫び声だけ。

さてさて、今から急に入れる仕事もないし何だか変に疲れたし今日はもう仕事はいいや。
実は僕も彼に会うのに緊張して昨夜から良く眠れなかったから少し昼寝をした。
夕方、またあても無くステップワゴンでうろうろ走って、ついでにジョーシン電気へ。
最近たまにチカチカしてた蛍光灯の換えを買って帰った。
a0095546_0263665.jpg

「びーち」、最近ちょっと食が細くなってないか?俺の前では食べて見せてるけどさ
本当は知ってるんだ、牧草もペレットも僕が入れた時だけガツガツ食べて見せて
僕がいなくなるとパタッと食べるのやめてること。

黒豆さんが米粒みたいに小さいのにそうやって僕に元気をアピールしてること。
a0095546_0232172.jpg

おかしいねぇ・・・。
お腹も柔らかくて、苦しそうにもしてないしおやつを見たらすっ飛んでくるし。

明日の様子を見て場合によってはお薬を飲もうね。
a0095546_0205626.jpg

中国道で単独事故を起こし、路上に出たところを跳ねられて死亡したやっくんだけど
テレビではずっとやっくんの死を悼む有名人のコメントや思い出のシーン、
ご両親の悲しみのコメント、同時に亡くなったマネージャーのこと、何度も何度も流れてる。

確かに可愛そう、本当に気の毒。まだまだこれからもう一花咲かせる事を夢見ていたのに。
残念、無念、悔しい、悲しい、・・・・確かにそうなんだけど。

高速道路に突然ヒトが歩いていて避けきれずに事故を起こして
人身事故の加害者になって(しかもこんなに大きく報道されて)有名人の未来を奪ったと
この先の人生真っ暗になってしまったドライバーさんの立場に立ってみればね。

それはそれで・・・たまらんですよ。
加害ドライバーにも家族が居てね、どのチャンネルを見ても同じ報道でね。
「やっくん可愛そう」「やっくんどうして死んじゃったの」ってね。
もちろん可愛そうなんだけど。それはわかるんだけど。

不運にも二人を轢いてしまったドライバー2名もね、何だか気の毒でね。
いや、もちろん何の罪も無いとか、そんな事言うんじゃないけどね。

そう考えると先日の踏切事故の、助けられたおじいちゃんの家族親戚もそして本人も
毎日毎日、もうたまらんだろうな・・・って。

TVの報道はどうにも視点が偏りすぎてて視聴者を一方向に扇動しているようで怖い。
あまり大げさに、ドラマチックに騒ぎ立てないでくれよ・・・と思うこともある。
まぁそれがTV、それでこその視聴率、視聴率あってのTV、なんだろけど。

亡くなった方々のご冥福をお祈りします。
願わくは今すでに全ての苦しみから解放されて安らかでありますように。
この世への執着やこだわりを捨てて清々しく旅立てますように。
誰を恨むことも誰を憎むことも無く、勤めを果たして故郷へ帰れますように。

★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2013-10-08 00:45 | ちょっとスピリチュアル  

昨日、12年前のあの事件に関するニュースってあった?

腕の腫れがほぼ治ったと思ったら肘の外側の腱(けん)が傷んでる事に初めて気付いた。
拳をグッと握るようにすると痛みが走ってどうにも握力が弱くて不便だ。
まぁこの左肘って奴は今から20年くらい前に阪神高速で大事故やった時の古傷だから
そこんところを今回の事故でまたやっちゃったかな・・・なんて。
a0095546_22433899.jpg

今日も日中はちょっと蒸し暑いくらいだったけど部屋の東西の窓を開けてエアコン停止。
「びーち」さんは大丈夫みたい。
a0095546_22444338.jpg

作業所の看護師さんのPCがフリーズして困ったというから見てみたら割と簡単に起動。
僕より一回りも年上の大ベテランの看護師さんだがとても可愛らしい女性だ。
「すごーい!パソコン治せるなんて本当にすごーい!」って喜んでくれた。
本当に素敵なひとだな。旦那さんやお子さんたちが羨ましい。

夕方からのガイドを終えて急いで病院へ。やっぱり肘の痛みが気になる。
ところが今日は整形外科の先生がいなくて総合診療担当のドクターに診てもらうことに。
レントゲンを撮ってみたけどもちろん骨には異常はないから「わかりません」と言われた。
まぁ、古傷があることと、X線には映らない靭帯や腱などに関してはMRI検査になるが
日を改めて整形外科の先生のいる時に来なさい・・・と言われて帰ってきた。

その日までに意外と治っちゃったりするかもね。そう期待しつつバイクに戻った。
あぁ・・バイク屋さんから程度の良い中古バイクが見つかったと連絡があればすぐに交換
こいつともその時点でお別れなんだなと思ったら何だかやけに愛おしく思える。
a0095546_22474833.jpg

大した思い出もない、最初からオンボロ中古で買ったバイクだけど。
うさんぽ1号が盗難にあって、ヘルパー講習に通うために慌てて手に入れたポンコツバイク。
安くて動けばなんでもいいや・・・的なノリでそんなに思い入れも無かったはずなんだけどな。

ただいま「びーち」、ポンコツバイクが走ってる最中にライトが点いたり消えたりして参ったよ。
走りながらグラグラ揺れて前の車にパッシングしてるみたいになって困った。
お留守番ありがとね。僕は今日も生きて帰ってきた。
a0095546_22582661.jpg

そうそう、先日実家に電話した時にオヤジから「何か変わった事は無いか?」って聞かれて
「別にねーよ、ただ忙しいだけだよ。・・・・・・しんどいよ。」って答えた。
事故のことなんて口が裂けても言えなかった。
それでいいんだよね。俺は嘘はついてない、ただ全部を言わなかっただけ。
a0095546_2311472.jpg

昨日はさ・・・あのアメリカ911テロの日からちょうど12年、の日だったんだけど。
僕は数日前から意識していたんだけど。
朝の情報番組でもニュースでも、昨日何かのテレビで911関係の報道あった?
僕は見てない。僕が普通にテレビを点けっぱなしにしてて見てないんだからおかしい。
それに携帯電話の「i-チャンネル」のニュースでも今日は何の日的なメニューに入ってない。

その代わり? 様々なニュース、情報番組でそしてi-チャンネルでも同じことを言ってた。
今日で東日本大震災からちょうど2年半。


「・・・・・・・・・・・。」

2年半って何だ?「ちょうど」2年半って。
それよりもちょうど12年前の9月11日、アメリカ同時多発テロが起こった日なのに?
現地では今年も追悼集会やミサが行われ、各地で様々なイベントが行われたのに?
オリンピック開催地発表のタイミングやサッカーやバレーボールや野球の世界大会が
同時にこの時期に行われてみんなを盛り上げてるのも何やら関心を反らせているようで・・。

これは僕の考えすぎですか?
それともこんな事を書いたら僕も諜報機関の要注意人物リストに載せられて抹殺される?
どうして9月11日にみんな何も言わなくなっちゃたの?話題にしてはいけないの?

さてどうなんだろうねぇ・・・。
こんな(↓)サイトがあるんだけど。
911テロ、知っておくべき疑惑の数々。

信じるか信じないかはあなた次第。
もしまた僕がクルマにはねられたり急に事故死、病死なんかしたら怪しい!って思ってね。
(いやぁ・・・見逃しておくれよぉこんな日本の片隅のオッサンの戯言だと思ってさぁー。)
ヽ(;▽;)ノ

★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2013-09-12 23:28 | ちょっとスピリチュアル  

聞く耳を持たぬものは救われぬ。

昨夜は部屋の窓を開けて寝た。朝までちょうどいい涼しさで眠れた。
やっとエアコン無しで過ごせる季節になったかな?
a0095546_22523291.jpg

今日は雨の心配も「ほぼ無し」でうっすら曇り時々晴れの予報。
リビングの窓とダイニング及びお風呂場の窓を開けて、部屋の中を風が抜けるように。
これで「びーち」にもエアコン無しの暮らしにつきあってもらおう。
アルミボードと御影石のプレートはそのままでね。
a0095546_22552684.jpg

今日も作業所が終わって夕方からガイドのお仕事へ。
体力的には決して楽ではないメニューだが精神的ストレスの少ない穏やかな仕事。
a0095546_22565843.jpg

随分前になるがこのブログ上でも書いたことのある「信心深い老婆の話」

ご存知ない方も多いと思うのでもう一度触れておくが
昔々、ある村にそれはそれは信心深いおばあさんがいて、毎日毎日聖書を読んで
事あるごとに神様へのお祈りも欠かさない熱心さだったという。

ある日その村が大雨に襲われやがて大水害が起こりおばあさんの家まで迫ってきた。
それでもおばあさんは「私は神様に愛されているから絶対に助かる」と言い切り
他の村人たちが次々に避難していくのを逆に「信心が足りないからだ」と小馬鹿にした。

雨は更に降り続き益々おばあさんに危険が迫ったとき、村の若者が訪ねてきて
「おばあさん、早く逃げましょう、ここはもうすぐ水に飲み込まれてしまうでしょう」と言った。
するとおばあさんは「大丈夫、私は常日頃から神様に祈りを捧げてきたから死ぬ事はない」
そう言って若者を追い返してしまった。

水位はますます上昇してきておばあさんの家の中にも押し寄せてきた。
屋根の上に登ってひたすら神様に祈り続けるおばあさんの元へまたも若者がやってきた。
今度はボートに乗って助けに来た若者に対しておばあさんは
「何度来ても私は逃げない。神様に愛されているから決して死ぬ事はない」
そう言ってまた若者を追い返してしまった。

その翌日、土砂崩れと鉄砲水に襲われておばあさんは家ごと飲み込まれ死んでしまった。

天国の入口で自分が死んだことに大変な憤りを感じたおばあさんは神様に向かって
「どうして神様はこんなに信心深い私を助けてくれなかったのですが?」と怒鳴り散らした。
すると神様は呆れたような悲しい顔をされてこう答えた。

「だから2度も助けを向かわせたではないか」
おばあさん「そんな・・・・・・・・・・・・。」
a0095546_2315697.jpg

話は先日の僕のバイク事故に戻る。

その事故の数日前から、何故か同じ法人の職員さんが僕の職場をよく用事で訪ねてきていて
その度に僕にこう言ったのだ。
「今朝、べーさんのバイクに追い抜かれましたよ。結構飛ばしてましたね」
僕はおどけて「いやいやいやいや、全然安全運転だったでしょう?」なんて言ってた。
それから毎日のようにその職員さんから
「またベーさんのバイクを見かけましたよ、交差点をなかなかの速度で曲がっていきました」
「今日もベーさんのバイクが横をすり抜けていきましたよ、気をつけて下さいね」
何故か他の職員さんからも「事故に気をつけてくださいね=」なんて声を掛けられて
でも僕はその度に笑って「とても安全運転だったでしょう?」なんて言ってはぐらかしていた。
その数日後に、僕は前を走っていた車が急減速、そして突然のUターンに巻き込まれて
文字通り「痛い目に遭った」わけである。
あの「おばあさん」のように死ななくて良かった。
a0095546_23223192.jpg

何度もその職員さんから「警告」を受けた事も、心のどこかでブレーキになってた気がする。
そうか僕の事をそうやって見ている人がいるもんだな、と思ってやや自重して走ってはいた。
そして前の車が不審な動きをした時に普段より安全策をとって無理な追い越しはしなかった。

更に僕が宙を飛んで後頭部から路面に叩きつけられると覚悟した瞬間に
フンワリと後ろから抱きすくめてくれたあの「優しく白い光」の存在。
やっぱり何かに守られているような強い実感がある。感謝。ただ感謝。

今までこうして何度も助けられた命、どうして粗末にするかねこのオトコは。

命までは取られないけど調子に乗ってると時々こうして「お仕置き」されてきた。
僕はそんな気がしてならない。
a0095546_23284769.jpg

神様にしろご先祖様にしろ、救いの手を差し伸べてくれる時はいつどんな姿か判らない。
自分の為を思って忠告をしてくれる人の言葉は素直に聞く事が大切、というお話。
それと、そう言った間接的な警告に気付くためのセンサーも磨いておかないとね。
信じるか信じないかはアナタ次第。

★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2013-09-10 23:44 | ちょっとスピリチュアル  

白い光に守られて・・・救急車に乗った夜。

8月30日 金曜日は作業所を15分だけ早退して急いでガイドのお仕事へ。
しかしまぁ毎日毎日、こうしてギリギリのスケジュールで移動の連続、
そのうち事故なんかしなけりゃいいけど・・・って思わないでもなかった。

キラキラ君と手をつないでワイワイ言いながら歩いていたら先日とはまた違った薬局で
「オードムーゲ発見」
a0095546_21235518.jpg

スキンケア・・・に使うものなのかぁ。しかしやっぱり名前が・・。

キラキラ君と別れて、普通なら真っ直ぐ家に向かうところだがこの日は違う。
8月分の全ての書類(記録表、記録簿)をまとめて今から事務所のポストに投函しに行かねば。
今日の仕事中にメールで「月曜の朝までに提出されたし」との要請があった。
今ちょうど8月最後の仕事を終えて書類を回収したばかり、随分遠回りだが事務所に向かった。

ひょっとして集計のために誰か残業してるかな?なんて淡い期待も虚しく、
シャッターの下ろされた事務所のポストに1ヶ月分の書類が入った封筒を投函してバイクに跨る
帰りに夕食の買い物をなくちゃ・・・走り慣れたいつもの道を普通に走っていた。

目の前を走行する軽自動車が真っ直ぐな道を走行中に何の合図もなくブレーキを踏んだ。
十分な車間距離もあったし速度もそんなに出ていない事もあって僕のバイクも一緒に減速
前を走る車は更に減速しつつまたも合図なしに左の路側帯にスーっと寄っていった。
そこはちょうど、僕もよく行くホームセンターの駐車場があるあたり、
(なんだ、ここで買い物するのか?ウインカーくらい出せよ)そう思いながら
その車の右側を直進しながらもう一度加速しかけた時だった。

左の路肩いっぱいに寄った軽自動車は次の瞬間これまたなんの合図も出さずに右に転回
つまりUターンを開始したのだ。
まるで僕に向かって体当たりするかのように迫ってくる。
それを避けようと更に右側へ逃げる、まっすぐ突っ込むことも避けたい、逃げるしかない。
(バイクは進路変更しながら急ブレーキをかけると転倒の恐れがある為)
片側2車線の広い車道を一気にUターンをするにしても何故僕のバイクに気づかないのか?
大型のハロゲンライトで一般的な小型バイクよりは眩しいくらいなのに・・・。

逃げる方へ逃げる方へ相手の車はむしろ僕に体当たりするかのように加速してきた
ギリギリで避けられるかと思われた僕の進路は完全に塞がれて車の右前方に衝突
僕は最後までハンドルを握ってコントロールしようと踏ん張っていたので一緒に突っ込んだ。
大きな衝突音と共に左足がバイクと車の間に挟まれ、そのまま跳ね飛ばされて宙を飛んだ
バイクの事故の経験がある人は判ると思うんだけど衝突の直前から実に記憶が明晰で
まるでスローモーションのようにゆっくりした時間の流れの中で実に様々なことを考えていた。

(あ!クソ、こっちに来るなよ来るなよ来るなよ)

(こらこらこら当たるやんけ!おいおいおいおい、わー当たる)

(ぐわ!当たった、くっそー事故やーえらい事してくれたなオマエ)

(このまま飛ばされたらヤバイな、うまいこと着地せな大怪我するな、首と頭だけは守ろう)

(もうすぐ道路に着地するな痛いのイヤやなぁ)

・・・・

その直後、僕は一瞬背後から誰かに優しく抱きかかえられたような感覚がして背面から着地。
後頭部からヘルメットで「ゴツン」と、本当にこんな事故にしては奇跡的に軽くぶつけて済んだ。
すぐさま自分の身体各部の損傷をチェック。

(頭・・首・・・しっかりしてる、そんなに強くぶつけてないし大丈夫なはず)

(呼吸・・・出来てる、両方の肺もちゃんと機能してる、咳も出ない苦しさもない)

(肩、腕、肘、指先・・・両手とも大丈夫、折れてない)

(股関節、痛くない。膝は両方曲がる、足首、指先ちゃんと動く、大丈夫折れてない)

そうやって自己診断が全部終わった頃に男性がひとり駆け寄ってきて声をかけてきた。
女の人が携帯で警察なのか消防なのか電話してる、場所が説明できずにオタオタしてる。

運転手らしき男性が僕の傍らにしゃがんでしきりに(すみません、すみません)と言っている。
僕は思わず
「減速して左に寄ってUターンするまで一度も合図を出せへんかったの、ちゃんと覚えてるぞ」
道路に横たわったままヘルメットの中から睨みつけた、相手は一歩下がってたじろいだ。

先にパトカーが来て救急車が来てなぜか消防車も来た。ガソリンでも漏れてたかな?
ストレッチャーの上でサチュレーションやら血圧やら体温やら、バイタルを測られながら
僕はずっとバイクのことを心配してた。
「バイク、ちゃんと路肩によせてもらえました?」
「押したら動かせそうでした?」
「キーを抜いてきてもらえませんか」
「バイク屋に連絡させてください」
「バイク屋さんが取りに来てくれるまでどうしよう、盗まれたら困る」
バイクの事ばかり・・・救急隊員も呆れてた。

現場からわずか1~2分ほどの大病院、僕がよく行く病院だった。
腰がものすごく痛くて直立できない、いつもの腰痛がめちゃめちゃ激しい時の痛みによく似てる。
左足首から血が出てる、車とバイクの間ではさまれた膝から下がパンパンに腫れてる。
右の肘から血が出てる、打撲のせいで変なふうにプックリ腫れてる。
a0095546_22424326.jpg

その他にも痛いところを数えたらキリがない、バイクの事故は瞬間的にもの凄い筋力を使う
そのため翌日の朝になって全身が激しい筋肉痛に襲われることが多い。
(今よりも本当に痛いのは明日だな・・・)そう冷静に思いながらレントゲンやCT検査を受けた。

相手のドライバーはよく見ると真面目でおとなしそうな青年で、人生で初めての事故だという。
僕は何だか可哀想になってわざと明るく振舞って励ました。
保険に入っていればもう任せておけばいい、ちゃんと誠意を見せてくれたら示談で済ませよう、
骨も折れていないし入院の必要もないから大した事にはならないよ・・・云々。
「ワシ別にゴネたりせぇへんから、お互い運が悪かったんや、早よキレイに終わらせよな」
そう言うと彼はうっすらと涙を浮かべて何度も何度も頭を下げた。

タクシーで帰って欲しいと2千円、渡されたがそのくしゃくしゃの紙幣が何だか切なくて
僕は「駅まで歩いてそこから電車で帰るから大丈夫や」そう言ってお金を返した。
彼のクルマも僕が突っ込んだ衝撃で車軸が曲がってしまいレッカーで牽引して帰るという。
僕は歩き始めてすぐに後悔した。腰がめっちゃ痛い。左足を引きずってまともに歩けない。
(あれー、駅ってこんなに遠かったかぁー、キツいな)
僕は医者から絶対に外してはいけないと言われた首を固定するムチウチ用のカラーを外し
ヘルメットの中に押し込んでペッタコンペッタコン、足を引きずって肩を大きく揺らして歩いた。

近鉄の駅のホームのベンチまでやっとたどり着いてふと気付く。
このカッコ、誰がどう見てもバイクで事故して帰る途中・・・丸わかりだな。
a0095546_22421496.jpg

そうだな・・・学生の頃に一度こんな事があったかな。懐かしいな・・・なんて。
電車に乗ったらいろんな人が僕を見てるような気がして、何だか情けないやら恥ずかしいやら。
a0095546_22445071.jpg

自宅マンションの階段を上がるのにヒーヒー言いながらやっと到着。
足が痛い・・・更にスネのあたりがパンパンに晴れてきた。
足首が無傷の右足と比べると一回り以上太くなってる。出血は止まってた。
a0095546_22511226.jpg

ただいま、今日は遅くなってごめんね。「びーち」。
俺はもう少しでお前に会えなくなる所だったよ、危ない危ない。
a0095546_22522275.jpg

もう大丈夫だからね・・牧草をいっぱい食べて元気に過ごしておくれ。

体の痛みと動きの悪さ、そして外傷、自分のダメージを色々分析してみたが明日は分からん。
ひとまず今日こんな事故に遭ったこと、怪我をしていて本調子ではないことを上司に報告。
幸い土曜日は元々ダイビングの予定で休暇を取っていた。幸か不幸か台風で中止。
日曜に予定されているガイドの仕事をそのまま遂行できるのかどうか、ギリギリまで葛藤した。
楽しみしにているキラキラ君をがっかりさせたくない、多少の痛みなら我慢できるかも
翌朝(土曜日)、仕事に行くつもりでバイク屋さんに代車のスクーターを借りに行った。
病院での再検査と診断書の発行、警察へ出頭して書類の提出そして調書を制作。
日曜日の仕事に行くつもりで面倒なすべての用事を前日の土曜日にこなしておかなければ
僕は事故当日より更に痛みが増した体にムチ打って各所を回っった。
最後にもう一度バイク屋に寄って我が愛車の損傷チェックをした。
バックミラーが吹き飛んでいくのを見たな・・・やっぱりなくなってる。
a0095546_23196.jpg

ガソリンタンクにも軽い凹みがあった。
それよりも左のステップとチェンジペダルが真後ろに180°グンニャリ曲がってる。
ここに僕の左足が乗ってたんだ、ぶつかった瞬間、車とのあいだに挟まれたんだっけ。
a0095546_2324731.jpg

相手の車のホイールキャップの欠片が刺さってる。
足をのせていたステップペダルは潰れちゃってる。よくこれで僕の足首は折れなかったな。
ま、今もパンパンに腫れてるんだけど普通ならボッキリ折れてるな。
a0095546_2334163.jpg

このステッカーが安全のお守りだった。僕は骨折もなくその日のうちに家に帰れた。
ちゃんと守ってくれたんだね。
a0095546_2351735.jpg

それにしてもあの衝突の瞬間ボンネットを飛び越えて道路に叩きつけられるはずの僕を
背中から抱きすくめるようにして守ってくれた(ように感じた)その時の真っ白い眩しい光。
僕は宙を舞ったそのわずかな時間にしっかり実感した。白くて温かい光に包まれる感じ。

あれは何だったんだろう?たまたま相手の車のヘッドライトの前を落ちていったから?
僕の勝手な思い込み?でもはっきり感触が残ってた。そして予想よりずっと軽く着地した。
ヘルメットの傷もホンのちょっと、塗装が削れてるだけ。
僕をいつも見守って、守り続いけていてくれる(見えない存在)に、手を合わせて感謝。
「ちょっと調子に乗ってました。守ってくださってありがとうございました、今後気をつけます」
例えぼくの思い過ごしだとしても、勝手な解釈だとしても、そうぜずには居られなかった。
生かされてことへの感謝、そして最近それを忘れていた事への反省。

何も知らずに僕の帰りを待っていた「びーち」にもごめんね、ありがとう。
a0095546_23134913.jpg

ひょっとして俺を守ってくれたのは お前か? ・・・まさかね。
a0095546_23152752.jpg


結局、日曜日のガイドの仕事は他のヘルパーさんが替りに入ってくれる事になって
僕は体のあちこちに湿布薬を貼って寝たり起きたり。気がついたら1日はあっという間に暮れた。

ゆっくり静養したおかげで痛みは随分楽になった。
月曜の朝からは借りてきたスクーターでいつもどおり仕事に行こう。
慣れないバイクだし、いつも以上に慎重に、安全運転で走ろう。

僕を守ってくれた温かくて優しい存在に叱られないように。

信じるか信じないかは、あなた次第。

★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2013-09-01 23:30 | ちょっとスピリチュアル  

霊感があるかどうか・・・のセルフチェック。

まぁ定番中の定番なのですが。
自分に少なからず霊感があると感じている人にはお薦めしません。
どちらかと言うと(私には霊感なんて全然無いですよ)と言い切れるくらいの方向きかも。
(極端に怖がりの方、体調があまり優れない方・・・はスルーして下さいね。)
読むだけで「実行」しなければ全く何の害もないと思います。(笑)


☆静かな状態で目を閉じて精神を集中し、自宅玄関の前に立っているイメージを作る。

☆想像の中で玄関ドアから歩いて入って行き、家中の窓を順番に開けてまた玄関に戻る。

☆今度は同じように家中の窓を閉めて回ってまた玄関に戻る。

☆終わったら・・・・目を開けてください。

診断方法は以下の通り。





上記の想像中に廊下や部屋の中で自分以外の「誰か」あるいは「何か」とすれ違わなかったか
もし何者かに遭遇した人は霊感がある・・・・という事だそうです。
それがよく知っている人物(家族や親戚)だったのか、亡くなった方だったのか。
あるいは全く見知らぬ人だったのか・・・。

どうですか?試さないまでもちょっと背筋が寒くなりませんでしたか?
そんな感じがした方は既に多少の霊感があるという証拠かもしれませんね。

信じる信じないはアナタ次第。
a0095546_2228284.jpg



★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2013-07-27 22:38 | ちょっとスピリチュアル  

怖い話をしていると「集まってくる」って。

疲れてるなぁ・・・と思う今日この頃。
たまには10時間くらい、ぐっすり眠れたらいいんだけど。
a0095546_025147.jpg

そうは言っても若い頃と違って長時間眠り続けるなんて事も難しくなってきたな。
a0095546_0255336.jpg

寝るのにも体力が要るって本当だな。年をとってみて初めて判ったよ。
最近なんか目覚ましの時間までまだ1時間以上あるのに
トイレに行きたくなって目が覚めてしまったり。(あぁ・・俺ってジジイぢゃん)って思う。
a0095546_0273883.jpg

まぁ、寝る前に清涼飲料水やら何やら飲むのがいけないんだけど。
寝る前にコップ一杯の水分を摂るのはドロドロ血液を防止する上でとても有効だと聞いた。
さーてどっちが優先かねぇ・・・。
a0095546_0311713.jpg

そう言えば最近借りたTSUTAYAのレンタルDVDに「トリハダ」とうのがあって。
一応恐怖映画のジャンルなのだが幽霊とか亡霊とか、その類は一切出て来ない。
人間の歪んだ精神とか恨みとか妬みとか、そういうモノが生んだ恐怖の数々。
観たけど・・・・・・・(全然面白くねぇ・・・ってか怖くねぇ。)
a0095546_0342890.jpg

これだったらまだ幽霊や怨霊の解りやすいキャラが出てきて欲しかっね。
稲川淳二さんとかの語り部モノでもいいし、完全なフィクションドラマでもいい。
a0095546_0371532.jpg

Youtubeなんかでも検索するとけっこう怖い映像とか出てきて
そう言うのってかなり遅い時間に、ひとりで部屋のPC画面で見てたりする。
a0095546_0393275.jpg

よく言うじゃない?
「怖い話をしたり聞いたりしてるとそこに本物の霊が集まってくる」って。
a0095546_0411151.jpg

アレって本当ですよ・・・みたいな話(実体験)をこのブログでもずっと前に書いた事あるけど。
今日もね・・・そんな怖~いハナシを見てたら
「びーち」が急に足をダンダンするものだから怖くなっちゃった。(><)

やっぱりアイツには見えてるのかな?
a0095546_0443795.jpg

沢山のびっぐべんをありがとう、うさぎ。
目に目ない「怖い何か」が来たら・・・俺を守ってくれよな、うさぎ。




★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2013-04-13 00:47 | ちょっとスピリチュアル  

スプーン曲がったよおぉぉぉぉ。

テレビ番組であの「メンタリズム」で有名なDAIGOが出て何やら言い出した。
ユリ・ゲラーが昔テレビの生放送中に視聴者に向かって念力を送り
みんなで一斉にスプーンを曲げちゃった「あれ」を今夜再現してみせるとか何とか。

でも今夜に関しては、さんざんその模様を予告のVで流してるんだから
そもそも生放送じゃないじゃん・・・念を送るタイミングがずれてるじゃん・・・って思いながらも
そこまぁせっかくテレビでやるんだから何かしらカラクリがあるんだろうと。
DAIGO自身も「自分は超能力者ではない」と言ってるんだから何かトリックがあるんだろうと。


で、DAIGOの言うがままに手を伸ばしてとか、ここをつまんでとか、大きな声で「曲がれ」とか
そしたらスタジオ観覧車の皆さんと同時に「うわー!」って言っちゃった。
だって目の前で本当に簡単に「ぺにょん!」と曲がっちゃったんだから。
a0095546_013680.jpg

何で?録画番組なのに、生放送で念力を送ったわけじゃないのに?
って頭の中に「?」マークが何個も連発で「??????」ってなってた。


そしたらすぐにDAIGOの種明かしが始まって・・・。
ようするに彼の指示通りにやったら最も簡単に、力学的に曲がりやすい方法になるんだと。
つまり念力でも何でもなく「チカラと思い込み」で曲げてたってことなのね。

なーんじゃそれ。あ・・・まぁでもこれって、テレビを見てなかった人を相手にちょっとやってみたい。
どこかの飲み屋のカウンターで「あ、昔ユリ・ゲラーっておったやtろ?俺もできんねん」なんて。
ちょっとその場でモテちゃったりするかもしれない。(何言ってんだか)

ふと気がつけば目の前に使えなくなったスプーンが1本、転がっていましたとさ。
a0095546_0195579.jpg




★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2013-02-19 00:20 | ちょっとスピリチュアル  

映画「ツナグ」を観て泣いた。

先週は京都に行ったと思えば今週は奈良公園だったり。
それにしても奈良公園に行ったのは二度目、最初は高校の修学旅行、二度目は20年前?
昨日は水泳大好きキラキラ君とプールで400m以上泳いだところでギブアップ。
気持ちのよい疲労感を残して帰宅、今朝は筋肉痛。
a0095546_0365275.jpg

「あの」プラモデル屋さんは閉店後もそのまま。ココを通るたびに胸がきゅんとなる。
店主のおじいちゃんはどうしているかな?
a0095546_0381319.jpg

歩いて歩いて毎日のお仕事。今年4足目?のスニーカーもあと何日かの命。
靴底だけが見る見る磨り減っていく、アッパーは全然きれいなままなのにね。
a0095546_0395527.jpg

JRの駅構内に張ってあったポスター、山陰めぐりツアーだったか、のモデルの娘にひと目惚れ。
きっとカメラが向けられていなくてもキラキラした瞳の美しい、素敵な女性だと勝手に信じつつ。
a0095546_0422439.jpg



映画「ツナグ」を観た。本編開始後10分ちょっとでもう泣いてた俺さま。
まだまだ捨てたもんじゃない。
a0095546_0433710.jpg

死んだ人に会いたい、生きている人に会いたい両者の気持ちが合わさってたった一夜の「面会」。
いくつかのエピソードが同時進行しながらキャラクターそれぞれの生と死を織り込んで。
それにしても最初の「面会」のこのふたりのやりとりに、僕はまったくやられてしまった・・・。
a0095546_0473723.jpg

強面(こわもて)の「息子」と他界した優しい「母親」。
人を信用できなくなって、強がってばかりで誰にも頼ろうとしないで
死んだ母と再会したときの、まるで幼い子供のように涙をためて呼んだ「おかぁちゃん・・・」
八千草薫さん演じる母親のこの台詞に僕の涙腺はとうとう決壊してしまった。
a0095546_0511460.jpg

「ツナグ」という、亡くなった人と生きている人を引き合わす「ボランティアのようなもの」を
他に例えるならば霊能力者とかイタコとかスピリチュアルカウンセラーとか?
映画の中でも触れているけどそれが本当に死んだその人の魂ホンモノなのかどうか、
そしてその行為が正しいのかとか冒涜ではないのかとか。

思いを残して死んだ人と、伝えきれずにずっと引きずっている「残されたひと」の納得の為に
「もう大丈夫だよ」「それでいいんだよ」と背中をポンと押してくれる、力を与えてくれる存在なら
それが嘘だとかホンモノだとか、霊だとかインチキだとか言う前にね
それも立派な人助けだと思うことにしている。(もちろん霊能力者はホンモノであって欲しいが)
a0095546_05975.jpg

この映画を観ていて各エピソードごとに死者との再会のたびに、
涙がスルスルと流れてきたのはきっと、今まで生きてきた中で経験した大切な人たちとの死別。
幼くして死んだ兄だったり、素敵なダイバーの先輩だったり、母のような存在の叔母だったり
友人、先輩、上司、親戚、沢山の人が僕よりも先に天に召されてしまった。
みんな死んだらどこに行くのだろう?どうなってしまうのだろう?映画の中でも問われている。
a0095546_144639.jpg

魂が残っているのか?とか思いは届くのか?とか。そんな事はよく判らないまま。
でもこの映画を観終わった後で僕の心に「たった一度しか死んだ人を呼べない」
そして死者にとっては「たった一度しか生きている人に会えない」そのチャンスを
もしあなただったら誰の為に費やしますか?というひとつの問い掛けが残された。
死んだ人に今でも「どうしても本当のことが聞きたい」なんてこと、皆さんにはありますか?
それとも「それを聞かずにあえて自分の想像を大切に」パンドラの箱として封印しますか?
a0095546_1113538.jpg

ごめんなさい と ありがとう その言葉を伝えるだけならいつも胸の中で唱えているけれど。
その人の顔を見ながら、その人の温かい手に触れながら、一緒にお茶でも飲みながら
別れの朝が来るまで一晩中思い出話に花を咲かせるのもいいかもしれないね。
朝日が昇って「その人」の姿がスーッと消えていく寸前に

「ごめんなさい」
そして
「ありがとう」が言えて・・・ちゃんと微笑みが返ってきた事を確信できたらどんなに素敵だろう。
そうやって送り出すことが出来たら「あの人」のその後もどんなに安らかだろう。

「ツナグ」・・・・そんな映画です。僕は結構すきです。

最後に・・・  この映画の中の 樹木希林さんが いい!

その彼女が劇中で何度か唱える詩のようなもの。何だかとてもいい感じで心に響いた。

「最上のわざ」
この世の最上のわざとは何?
楽しい心で年をとり
働きたいけれども休み
喋りたいけれども黙り
失望しそうな時に希望し
従順に平静に己の十字架をになう
若者が元気一杯で神の道を歩むのを見ても妬まず
人の為に働くよりも 謙虚に人の世話になり
弱って、もはや人の役に立たずとも
親切で柔和であること
老いの重荷は神の賜物
古びた心に、これで最後の磨きをかける
まことのふる里に行くために。



★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2012-10-11 01:24 | ちょっとスピリチュアル  

その後ろの崇高な魂が見てる。

作業所でも、ガイドの時でも・・・。
キラキラ君たちの人権、というより「尊厳」みたいなものを結構いつも意識していて。
あまり赤ちゃん言葉であやす様な喋り方をしたり、大声で恫喝したり呼び捨てにしたり。
他のヘルパーさんのそういう接し方を見る度にちょっとネガティブな気持ちになる。
言葉を話せない、「アブーッ」とか「ウギーッ」とかしか言えないキラキラ君でも
ただ地面にへたり込んで半日経ってもそこに居るだけのようなキラキラ君でも。
きっと彼らの後ろには僕らと同じような、あるいはもっと崇高な光り輝く魂が見守っていて
僕らヘルパーが声を掛けた際の何気ないひと言や、人権を脅かすような扱いに
心を痛めて、傷付いて、悔しい思いで見下ろしているのではないかと思うと・・・。
たとえ返事をしてくれなくても、たとえ言葉が交わせないとしても
ひとつひとつの言葉を大切に、優しく、穏やかに、心を込めて語り掛けたい。
すると時々ハッとするようなキレイな眼差しでこちらを真っ直ぐに見つめて
ニッコリと笑ってくれる。

どうせ判りっこない、とか・・・、そんなに優しくしても無駄・・・とか。
そうじゃなくて彼らの後ろに控えている魂に、この世に生まれて以来ずっと共に有る魂に。
彼らはいつも見られていると意識すれば僕の後ろにもまた僕を見守る魂の存在。

彼らが障がいを持って生まれてきた意味と、彼らと接する機会を得たこの仕事の意義。
素晴らしい数々の先輩ヘルパーと、少数の、へどが出るような愚劣な存在。
それも全て含めてひょっとしたらホンの数年のうちに通り過ぎる「学校」のようなものか。
自分がこの「業界」で出世欲も、独立の野望も無くただ日々を過ごすのは我ながら不可思議。
だとすれば人生の終盤に向けて未だ決まらぬ「何をして生きて行きたいか」の答えが、
これからまた違う形で姿を表すのかもしれない。


最近にわかに事業所がゴタゴタして利用者さんが激減したりヘルパーが退職・解雇されたり
退職した元職員による工作活動によって様々な問題が起きている今、
ひょっとしたらもうすぐ起きる大きなムーヴメントが変化のきっかけになるのかもしれない。
「今の事務所がつぶれるか解雇されたらどこで働きます?」
毎日のように僕にそんな質問をする同僚もいるが君はどうしたいのか?それだけを考えなさい。

僕は今の職場を追われるような事になれば。あるいは閉鎖する事になれば
「さて、次はどこの事業所で雇ってもらおうか」とは考えられなくて
「あぁ。。。そうか次はどんな生き方をしようかな?」なんて考えちゃう。
ひとつの仕事ひとつの生き方に固執しない、柔軟な・・と言えば聞えは良いが
いまだに自分がどう生きていけばよいのか何をして歳をとっていくのかを決めかねている。
a0095546_211462.jpg

ただ今日1日、あした1日を生きる事に精一杯で・・・・。

何やってんだか・・・。
僕を見守る魂は、僕がどう生きれば喜ぶのだろう?認めてくれるのだろう?
結婚して子供をもうけて、普通に温かい家庭を作るというのはもう「ナシ」なのかな?

あ・・・・今年はとうとう50歳になるぢゃないか、俺。


★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2012-02-04 02:40 | ちょっとスピリチュアル  

自転車の夢。

今日は朝から近所の市民プールでお仕事。
お昼からは隣町の市民プールでまた別のお仕事。
一人目のキラキラ君はちっちゃい、ちっちゃい男の子で元気いっぱい。
いつもはヒザ上くらいの浅い赤ちゃんプールでチャプチャプ遊んでいる。
他のヘルパーさんも、たとえ家族でも、この深い方のプールには入らないらしい。
でも僕がこうして抱っこするとキャーキャー笑って遊んでくれる。
もう帰ろう、と言うと「もっともっと!」と言ってダダをこねる。嬉しい。
a0095546_22402446.jpg

二人目は仮面ライダーが大好きな、ちょっと人見知りが強い男の子。
僕が迎えに行くと玄関から勢い良く飛び出してきて「イエー!」とお出迎え。
最初の頃は一言もお話できなかった事を思うと、今のテンションが嘘のよう。
バイクが大好きで、僕が帰るときには見えなくなるまで見送ってくれる。嬉しい。

昨日からの微熱と頭痛はどうにもスッキリせず。何だか喉も痛いような。
今日みたいにちょっと涼しい天気の屋外プールをハシゴしてると体調も悪化しそう。
でもかぜ薬とか痛み止めとか飲んで今日もごまかして終了。ロキソニン必須。
a0095546_2240261.jpg

ただいま「びーち」、お前は元気で何より。
こうして飛び回るお前を見ているとニヤニヤ笑ってしまうよ。
夜中でも時々声を出して「ハハッ!」て笑ってしまう。
a0095546_22432549.jpg

もっともっと広い部屋があればねぇ・・・。お前はどれだけ高く遠くへ跳ぶのだろう。
a0095546_22443497.jpg

走れ走れ!うさぎらしく。
a0095546_22451062.jpg

もっともっと!「びーち」らしく。
a0095546_22454166.jpg

飛べ跳べ!「びーち」!
a0095546_22462661.jpg

お尻も「プリッ!」白い尻尾が「プンッ!」
a0095546_22473488.jpg

今朝、あるキラキラ君の夢を見て目が覚めた。
車イスの彼は、いつどこにいても僕を見つけると遠くから大声で名前を呼んでくれる。
他のガイドさんとお出掛けしてるのに僕の腕を掴んで
「今度いっしょに行こうな!」「次は一緒に遊ぼうな!」って熱烈ラブコールをくれる。
プールに行っても全身が不自由な彼は浮き輪が離せなくて、
もう高校生の大きなお兄ちゃんなのに浮き輪でキャーキャーはしゃいで注目の的。
でもそんな事お構い無しに僕と一緒にプール内を所狭しと縦横無尽に泳ぎまくる。
僕は彼の浮き輪を押しながら時々周りを潜ったり泳いだりして楽しませる。
a0095546_2363831.jpg


そんな彼の夢を見て・・・目が覚めた僕は最初笑顔のまま顔が固まっている事に気が付いた。
とても楽しい、まさに夢のような内容だったから。

「○○さーん!」いつものように遠くから僕を見つけて名前を呼んでいる彼の声。
振り向くとそこにはいつもの車イスではなく、自分の足で自転車に乗る彼の姿。
僕が「どうしたん!自転車乗れるんか?」と聞くと
「僕がんばって練習してん!やっと乗れるようになってん!」と満面の笑みで答えた。
「ほんなら今度一緒に関西サイクルスポーツセンター行けるな!」と僕。
「うふふ!絶対連れて行ってな!絶対やで!」そう言いながら僕の周りを自転車で
何度も何度も輪を描いて走り回っていた。
それを見ながら僕は自分の事のように嬉しくて「わははは!」と笑いながら・・・・
その自分の笑い声で目が覚めた。どうやら僕は本当に声を出して笑っていたようだ。

まだ薄暗い部屋の布団の上で笑い顔が段々冷めていくのを感じた。
夢だ。そう確信するのに少し時間が必要だった。
そのしばらく後で、今度は僕は声を出して泣いた。
夜明け前の静かな部屋で、隣近所に聞えないように押し殺して泣いた。

きっと彼のお母さんはもう何度も、何十回いや、何百回とこんな夢を見たのだろう。
僕がガイドの仕事をしていて彼の車イスを押しながらいつも思っていたこと。
「この子が自分の足で歩けたら・・・あんな事もしてあげたい、あんな所にも行きたい」
そんな想いがいつの間にか心の底で勝手な妄想を描いてしまったのか、夢に見るなんて。

毎日いろんなキラキラ君たちと、そしてそのお母さん達と接していると
時々その笑顔や明るい話し振りの向こう側にある苦労や辛さが垣間見える時がある。
僕みたいなちょっとかじった程度の新米ヘルパーが何を判ったフリして・・・と思うけど。
今まで知り合ったキラキラ君達が全員、ある日突然何事も無かったように
みんなと同じになって普通にお話したり、お仕事したり・・・そんな奇跡が起こらないかと。
もしそんな時が来ても相変わらず仲良く遊んでもらえるように。
僕はいつも精一杯楽しく、そして優しく、彼らに好かれるヘルパーでいようと思う。
a0095546_232177.jpg

たとえこの世でキラキラなまま終わってしまう人生だとしても
天国に行った時に全ての病気や障がいから開放されてニンゲンはまた再生するのなら
いつかそこでバッタリ会った時に「あの時は楽しかったよ、ありがとう」と言われたい。

「お前には色々文句言いたい事があんねん」なんて、皆に呼び出されたくないからね。
(;´д`)ノ


★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by beach_bunny | 2011-08-25 23:36 | ちょっとスピリチュアル