この先どんな道。

薄い雲のかかった空から時折日が射してきたりすると、太陽の暖かさがよく判る。
涼しくなったりポカポカしたりの繰り返し。ヒトの一生もそんなもん。

さて、今日のうさんぽ。
元気なうさぎはいつもの大木目指して走る走る。
a0095546_20315340.jpg

ここがお前のお気に入り。
こうしてお前とうさんぽに来れるのもいつまでのことやら
a0095546_20331768.jpg

この冬でお店を閉めようと腹をくくって、お客さんにも取引業者さんにもそんな話をして
自宅の引越し先なんかもいろいろ賃貸マンションとか探してる毎日。
a0095546_20354865.jpg

最近それに反してよそのお店に通っていたダイバーさんがパラパラとご来店。
これから僕のお店で潜りたいとのお声を頂いて、何とも複雑な気分。だが嬉しい、有り難い。
本音はせっかく来てくれたお客さんに閉店の話なんてしたくない。当たり前。
a0095546_20394296.jpg

もちろん、これからの季節、ダイビングが盛んになる見通しもないし状況も変わらない。
こんな不景気だから何も迷う事なんかないんだけど。
一度お店を閉めたら多分二度と再開は出来ない、それは確実。
a0095546_20443665.jpg

昔から、もうどうしようもなく行き詰ったり困り果てた時になると
どこからとも無くフッと助け舟が入って難を逃れたりしてきた。守られてるのか何なのか。
でもそういうのに慣れてしまってはいけない、期待してもそんな時に限って何もおこらない。
a0095546_20502363.jpg

何かに守られていると感じる時は確かに何度もあった。
それはいつもギリギリのタイミング、自分でもどうしようもない状況とか。
あるいはもしその救いの手が無ければあの時死んでたな、とか。
強いメッセージを感じるイベントが発生したりとか。
何となくそんなものに導かれるようにして道を選んだ事もあったっけ。
a0095546_20561094.jpg

ありがたい事に今から僕のダイビング講習を受けに来て下さるという方もおられて
本当にしっかりしなければと思う。お店がどうこうは関係なく、インストラクターとして。
今まで僕が繰り返してきた「生きて帰るためのダイビング講習」を変わらぬクオリティで。
a0095546_2144826.jpg

ひょっとしたら僕の「お店」の最後の講習生になるんだね。そう考えると寂しいけど。
今度の週末からホームヘルパー2級の講座も始まる。
自分がこれからどこに行くのか判らないけどとにかく生きていよう。
うさぎもいるし。
a0095546_218428.jpg

僕が今まで講習したダイバーのひとりひとりの海での安全を祈りつつ
最近の若葉マークダイバーさんたちはもうちょっと一緒に潜って上達のお手伝いをしたい。
僕がいないと潜りにいけない、なんてインストラクター冥利に尽きる嬉しい言葉。
でもいつまでもそんな自立できない状態では困るから。早く「卒業」出来ますように。
a0095546_21191727.jpg

そんな事をボーっと考えていたら膝の上の「びーち」が何だかとてもおとなしくなってしまった。
慌ててブラッシングを再開、でももうほとんど抜けなくなっちゃったね。
「びーち」のフワフワの中でも最も柔らかい「超フワフワ」なのはこの部分。
耳と耳の間、やや後頭部よりの毛の柔らかさに触れていると気持ちいい。
a0095546_21213414.jpg

さ、帰ろう。お店で美味しい生牧草を食べよう。
そう言えば今週土曜日はダイビング、台風20号の影響が気になるね。
変なうねりとか入らないといいけどね。今年は台風に何度も泣かされたっけ。
a0095546_2125660.jpg

週末がいい海、いいダイビング、いい思い出になりますように。
せっかく来ていただくお客さんに笑顔で帰っていただけるように。

そうだ、あしたもうさんぽ行こう。
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへクリックありがとう!人気ブログランキングへクリックありがとう!FC2ブログランキングへ
みんなも元気で、あしたも。
[PR]

by beach_bunny | 2009-10-22 22:04 | ちょっとスピリチュアル  

<< いつか自分も歳をとる。 うさぎから元気をもらう。・・・... >>