そう言うわけで明日の朝はバナナあげる。

今日の南大阪はシトシトと雨が降っていて「うさんぽ」は無し。
午後にはカミナリも伴って土砂降りになった。
ココまで豪快に降ってくれると車がキレイになりそうで気持ちいい。
( ̄ー ̄)
a0095546_22382333.jpg

きっとあの丘の木も草も、たっぷりの水を含んでグンッと勢い付くだろう。
枝にちょっとだけ残っていた桜の花びらもこれで完全に落ちてしまっただろうね。
a0095546_2240247.jpg

昨夜テレビで見たダウン症の少年とお父さんの、トライアスロン挑戦のエピソード。
何だか勇気が出た。何だか恥ずかしかった。何だか申しわけなかった。
キラキラ輝く命があった。
a0095546_22455667.jpg

お笑いを期待してみていたバラエティ番組で「誕生日」のエピソードの時に誰だったかMCが
「誕生日はその本人を祝福する日じゃなくて、
その日死ぬほど苦しんで自分を生んでくれた母親へ感謝をする日」だと。
そうだねぇ・・・・オトコには絶対理解できない産みの苦しみ。その果てに僕ら一人一人がいる。
a0095546_2249823.jpg

最近「泣ける歌」だとか「深いいハナシ」だとか、「感動の!」とか。
そんな番組がやたらと目に付いて、そこで「どうだオレの話は!」的な能書きをタレる芸人もいる。
でも僕はその人が饒舌に語れば語るほど何だか気持ちが覚めてしまって。
いつの間にかチャンネルを変えるようになった。
a0095546_22553814.jpg

涙もろい、情に流されやすい僕はそんなヒトの話でもきっと聞いてるうちに泣けてしまうんだろう。
でもいつも「オレは良い事言うだろう」的なその人の話で「泣いてたまるか」みたいな。
そういうヘンコな気持ちがムクムクと湧いて来てしまう。
a0095546_22573796.jpg

「びーち」には申しわけないんだけど明日はたとえ晴れの天気でも「うさんぽ」は行けない。
ちょっと知人に頼まれた仕事で早朝から夜まで、留守にしなくてはならない。
行き先は滋賀県のちょっとお山の方。
ダイビングの時よりも長時間になるかな・・・、だから「びーち」も留守番だ。

今日たっぷりへやんぽで遊んだのも、いつもより沢山撫でていたのもソレがあるからなんだけど
おバカなお前はニンゲンみたいにひねくれてないから
「どうしたの?何かあるから優しくするの?」なんて絶対に聞かない。
a0095546_2345239.jpg


明日の朝、いつもより早い時間に牧草や水を入れ替えて出かけていくオレを見ても
「どこ行くの?何時に帰ってくるの?」なんて聞かない。

ただ無心でオレの帰りを待っているうさぎ。
だからオレは絶対無事に帰ってくる。

クリックありがとう!人気ブログランキングへクリックありがとう!FC2ブログランキングへクリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

お前も生きて待っていること。それだけが男とオトコの約束。
[PR]

by beach_bunny | 2009-04-14 23:19 | 「びーち」  

<< この!バカちんがー! 久しぶり、静かな丘でうさんぽ。 >>