「ほっ」と。キャンペーン

以前より甘えん坊。

沢山の温かい応援コメントありがとうございます。
お返事が出来ないままで申し訳ありません。
「びーち」の介護状態が続いている間は個別にレス出来ないかもしれません。
失礼な事とは存じておりますがもうしばらくの間はご容赦下さい。

相変わらずシリンジでの強制給餌の日々です。
昨日から急にシリンジを拒絶するようになって、ちょっと強引に食べさせていました。
(強制給餌ですから当たり前と言えばアタリマエなのですが)
「びーち」のために良いだろうと思って粉末にしたチモシーや乾燥野菜を混ぜたのは
結果的にお気に召さなかったようで・・・・
a0095546_3422837.jpg

それらの混ぜものを排除して最初の頃のようにペレットだけをぬるま湯で溶かして与えると
また以前のように自分から食べるようになりました。
違う種類のペレットを何種類か替えてみたり、混ぜてみたりいろいろ試行錯誤もしました。
a0095546_3453222.jpg

サラダ菜を買ってきて、やわらかい葉の部分を細かくちぎってあげたりもしてみました。
これはとても気に入った様子でしたが顎の骨への負担が気になるのでちょっとだけ。
食欲に火をつける点火剤のようなつもりでシリンジ給餌の前に食べさせると効果的。
a0095546_3483992.jpg

次回、病院に行くのは2週間後と言われていましたがDrの都合で10日後に変更。
歯の伸び方や口腔内の傷チェック、そして何よりも骨の修復具合など気になる点は多いので
僕としてはもっと間隔を詰めて通院したいほどですが費用の面もかなりの負担です。
a0095546_352793.jpg

恐らくウチに来たばかりの赤ちゃんの頃以来、こんなにかかりっきりの事はなかったかも。
おかげですっかり甘えん坊になってしまって僕が歩けばトコトコと走ってついて来るし
どこの場所に座っても立ち止まっても、僕の足のすぐ横にゴロンと場所取りをします。

カウンターの中でパソコンを触っていると僕の姿が見える場所に登ってガン見してます。
うさぎはこんなに成長してからでも接する時間の変化でもっと仲良くなれたりするんですね。
「びーち」は明らかに今回の看病生活で僕に対する依存度が増した事を認識しています。
一日に何度も、定期的に食べ物を用意してくれる、
前よりもずっと長時間アタマや顔を撫でてくれる、
しょっちゅうケージの前に来て様子を見に来てくれる。
「びーち」はきっとそれまでよりも僕の事が好きになっているはずです。
a0095546_3564581.jpg

きっとこんな事でもなかったら僕は少しづつ手を抜いていたはず。
牧草と水をたっぷりと与えておけばそれでOK、あとは自分の気が向いた時に触りに行く。
自分が夜寝ている間や出かけている間の「びーち」の様子をこんなに心配する事も無く。
a0095546_46811.jpg

もう一度思い出そう。
ウサギだってヒトだって、必ず明日を迎えることが出来るとは限らない。
だからこそ今自分に出来る事はしてやりたい。後悔の無い様に。
「びーち」が痛くないように、飢えないように、寂しくないように、暑くも寒くもないように。
a0095546_4122744.jpg

ずっと元気でいられるように。
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへクリック感謝!人気ブログランキングへ
一旦寝るよ。5時間後にまた会おう。
[PR]

by beach_bunny | 2008-10-09 04:29 | 「びーち」  

<< 強制(じゃない)給餌。 ありがとうございました。 >>