「びーち」ごめんね。

アレからというもの、僕がナーバスになっているのもあると思うけど
どうしても食べる量やうんちの大きさ&量が完全復活、とまでいかないようで。
確かに元気そうには見えるんだけど。
a0095546_037074.jpg

よく食べてよく出してよく遊んでよく寝る。
そのあまりにも単純なサイクルが微妙に崩れたまま。
どれもが70~80%くらいのレベルかな・・・・。
それが時によっては60%まで落ちたり90%まで上がったり、の繰り返し。
a0095546_041129.jpg

ひょっとしたら「うさんぽ」に行って外を走り回ったら元気になるのかな・・・なんて。
でもそれはニンゲンの勝手な思い込みで、健康に不安がある状態では外に連れ出せない。
「うさんぽ」はどんなうさぎにだってストレスである事に違いは無いのだから。
a0095546_0431130.jpg

「びーち はうす」を見て下さって同じように「うさんぽ」に憧れて実行した方もいるはず、
でも「びーち」にとっても「うさんぽ」はストレスの解消であり、同時にストレスでもあると思う。
だから毎日のように出かけていた時よりも真夏の間にブランクが出来た今のような時期が
最もストレスを感じるはず・・そう思うからこそ健康状態がもっと良くならないと行く気がしない。
a0095546_047775.jpg

「うさんぽ」なんて本当は行かなくても全然大丈夫なものだと思ってる。
室内を数十分走ったりする「へやんぽ」が出来たらそれで十分なはず。
突然、何十分も電車や車に揺られて連れて行かれて日陰も無いだだっ広い公園へ。
見た事も無い景色に沢山の聞きなれない声、音、匂い。
往復の移動時間も含めて一体どれ位の間水を飲んでないのか、モノを食べてないのか。
うさぎを可愛がってるのか虐待しているのかは飼い主の意識ひとつで全く逆になる。
a0095546_054729.jpg

自宅の裏庭で・・・とか、ちょっと歩いた所に静かな原っぱがあって・・・・とか
そういう好条件がある人はそんなに沢山いるものじゃないし。
僕がココで「びーち」のうさんぽ写真を紹介していた事も、本当はどうなんだろうと思う。
「うさんぽ」はこんなに楽しいです、皆さんも是非どうぞ!」と捉えた人がいたとしたら・・・。
a0095546_0591123.jpg

「ひーち」も最初はへやんぽしながらハーネスやリードの練習をしたり車で移動する練習、
バイクで移動する練習、うさんぽの場所や時間帯、気候の判断・・・etc
良い条件が揃った時に「びーち」の健康に」十分配慮して行ってた・・・・・・と思う。
それでも大なり小なりのストレスはあったと認識している、「うさんぽ」とはそういうモノだと。
a0095546_124310.jpg

うさぎはそれぞれに個性の違いが大きくて、誰かのうさぎがこうだからウチの子も、とか
誰かのうさぎはコレを喜んで食べてるからウチのうさぎにも、という理屈が通らない事がある。

僕は「びーち」が皆さんから可愛がられるのは嬉しいけれど
僕自身は決してうさぎのプロでもなければうさぎのベテランでもありません。
「びーち」の一番近くに居る、「びーち」が恐らく最も信頼してくれている「相棒」というだけです。
うさぎに関するいろんな事はココではなくてちゃんとした書籍やうさぎに詳しい獣医師、
または「うさぎを本当に大事に思っているSHOP」さんにお尋ね下さい。

中には「うさぎよりも商売を第一に考えているSHOP」さんもいるかもしれません。
病院についてもまた然り、高価な薬や安易に手術を勧める事が良い医療とは限りません。
a0095546_1151536.jpg

本当はみんな判ってるはず。うさぎは可愛いだけの縫いぐるみでもアクセサリーでもなく
自分の親、きょうだいと同じように生きている命だという事。

こんなに偉そうに書いてる僕も、たまにそんな一番大事なことを忘れそうになります。
そしてすぐに思い出して「びーち」に詫びる事になるわけです。

具合が悪いのを判ってやれなくてごめんね。
水が汚れているのに気が付かなくてごめんね。
ブラッシングするのを忘れてしまってごめんね。
ただの本能なのによく知らないで怒ってごめんね。
一生懸命僕を呼んでいたのに構ってやれなくてごめんね。
まだまだいっぱいある、沢山のごめんね。
クリック感謝!人気ブログランキングへクリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
うさぎの気持ちが判る超能力者がいたら紹介して欲しい。
今のところ全っ然、判らん。
[PR]

by beach_bunny | 2008-09-25 01:31 | HOW TO 「びーち」  

<< 今日の「びーち」 今日はカンパチの大群に囲まれ。 >>