「ほっ」と。キャンペーン

結局。

何やかんやと理屈をこねても結局のところ「びーち」との関係は「遊び相手」がいいとこ。
たまに遊ばれてる気もするけど。
よくケージの扉を開けたまま周辺の掃除をしたりモノを拾おうとしていると
僕の肩や背中に「びーち」がちょこんと前足を乗せてくる。
別に僕は「さぁ、うさぎさん僕の背中にお乗りなさい」と言っているわけではない。
a0095546_23401633.jpg

そのわずかな重さがうれしくて楽しくて僕はしばらく動けなくなる。
背中でお前が何を考え何をしようとしているのか想像しながら次のアクションを待っている。
ある時は僕を飛び越えてケージの外へ脱走したり、ある時はそのまま全身を乗せてきたり。
試しにやってみたら今日はいきなり僕の急所(耳の後ろ)をクンクンしながら舐めてきた。
思わず大声で笑ってしまった。加齢臭でもするのか?しつこいくらい舐める。
a0095546_23442118.jpg

お前と遊んでいると時間を忘れるねぇ・・・。遊ぶと言うより観察と言うべきか。
走ったり、止まったり、かじったり。急に大ジャンプしたかと思えばそばに来て甘えたり。
a0095546_23465072.jpg

ブラッシングは気持ち良さそうでも爪切りやシリンジ投薬は大嫌い。
仰向け抱っこはさせてくれるけど名前を呼んでも来てくれない。
ペロペロなめたりナデナデを要求したり、甘えん坊のクセに僕の腕はいつも傷だらけだよ。
今日も新しい傷が増えてる。不思議だねぇ・・・。(海に潜る時にしみる!)(^-^;
a0095546_23492881.jpg

でもこの前行った動物病院で若い女の子の動物看護士さんは両腕が無数の傷だらけ。
それでもニコニコ笑って「びーち」を抱いていてくれた。
にほんブログ村 うさぎブログへ
ありがとね。
[PR]

by beach_bunny | 2007-08-14 23:56 | 「びーち」  

<< 嫌なことばかり。 最初で最後の。 >>