ちょっとスピリチュアル。

それにしてもこの食欲、ハンパねー。
a0095546_23351177.jpg

そして今日はなんと前足で踏ん付けられております。
昨日の後ろ足よりもさらに高度な(?)技術であります。
a0095546_23362463.jpg

そんなの全然気にしないでこの食べっぷり。
お前、必死すぎ!
a0095546_23373112.jpg

心地よいうさぎの前足の感触、どんな縫いぐるみにも負けない。
モリモリと食べる時の微妙な体の「揺れ」がまたいい感じ。
a0095546_23392282.jpg

たまらん。
a0095546_23405462.jpg

オレはヘンタイか!



さあ、「びーち」!今日もへやんぽで遊ぼう。
a0095546_23414139.jpg

バイト、ここのところ全滅だったけど今日の面接はかなりいい感じだったよ。
まぁ、まだ判らないけどね。
a0095546_23435458.jpg

3日後くらいには返事がもらえるらしい。
それにしても面接で1時間以上も話が弾んでしまって、リラックスして自分のアピールが出来た。
a0095546_23454137.jpg

仕事の内容や事業内容も、僕の思ってることや僕に出来る事も。
最後は責任者の方と僕の「昔はかなりバイクマニアだった」的な話で盛り上がって終わった。
a0095546_23504518.jpg

どんな仕事にも辛いことや大変な事はあるんだけど。
まわりから「あーしなさい」「こーしなさい」とヤイヤイ言われるような仕事ではなさそうなので
福祉の仕事にもいろいろあるんだな。ひょっとしたら僕の居場所が見つかるかな。
a0095546_2351617.jpg

今回も誰の紹介でもなく自分で見つけてきた仕事だけど
面接がはじまってからすぐに「あ、なんだかココに来る運命だったな」って感じた。
あるいはその責任者の方に会うためにココに来た・・・と言うべきか。
昔から知ってるような、懐かしい感じのする空間があった。
a0095546_2354211.jpg

実はこの前辞めた会社の時も「あ、このヒト前に会ったような」って強く感じたんだけど
それは温かい、優しい空気じゃなくてちょっと攻撃的な、何かピリピリするものを感じた。
ずっと前に殺しあうようなひどいケンカをした相手のような、そんな「前にどこかで」な感じ。

それが今日の出会いはじっと目を見て話し合ってもつらくない、温かいオーラだった。
(まぁオーラっていう表現が合ってるのかどうかはともかく)
懐かしい友達や家族に逢ったような、人見知りの僕の鎧があっという間に解けて落ちた。

きっとその人の仕事がそういう温かさ、優しさに支えられているものだから、なのかもしれない。
だとしたら僕もそこにいればそんなオーラを発するようになるのかな?

そう言えば相手からもどんどん僕に対して好意的な熱気が伝わってきて、
これがお互い未婚の男女だったらそのまま恋をしてしまいそうな(笑)
(その方は僕よりも年上の男性です、しかもお孫さんまでおられる)
だから僕としては勝手に「この面接はいい感じだった」と、根拠の無い自信に満ちている。
だって1時間のうち、たぶん50分はふたりとも笑顔だったもの。
a0095546_00375.jpg

ニンゲンにはそうした出会いの運命があるらしい、それが家族だったり恋人だったり。
同じクラスの仲間でも「気が合う」「どうも気に入らない」「安心する」「イライラさせられる」




この前僕が独りでバイクツーリングに行った滝畑ダム。
帰りにダムの反対側の道路を走ってみて、途中から結構気持ちの良さそうな峠道がみえた。
僕の性格なら普通、「よし、どんな道かとりあえず走ってみよう!」って感じで進むのに
その時なんとも言えない胸騒ぎがして、本当に自分でもビックリするくらい急にUターンして。
家に帰ってから滝畑ダムについて検索したら・・・・
あの、僕が行こうとしてやめた道の先に大阪でも最恐と言われる心霊スポットが・・と書いてある。

「この先は行ってはいけない!」
僕を見守ってくれている遥かなる存在が、引き戻してくれたとしか思えない。
あっちこっちで余計なモノを連れて帰る事が多かった僕を、ある時から守ってくれている。
それに気が付かない事のほうが多いんだけど。

あんな事、こんな事。みんなどこかで誰かと繋がっている。
それは普段は目に見えないけれど、しっかりと固く結ばれているみたい。
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへクリックありがとう!人気ブログランキングへクリックありがとう!FC2ブログランキングへ
[PR]

by beach_bunny | 2010-07-02 00:30 | ちょっとスピリチュアル  

<< いつか、最後に「結果オーライ」 オムライス食べて踏ん付けられて... >>